BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■宮崎駿「風立ちぬ」映画化 2013.01.01

2013年1月1日、
新しい年が始まった。

昨年暮れは、
マヤの予言「2012年12月人類滅亡」で、
大騒ぎだったが、
ここまでくれば、一安心。

ただ、予言を真に受けて、
家を売って散財した中国人がいたらしいが、
今頃、どうしているのだろう。
今年の冬は寒いぞ。

2013年は、
アニメ業界にビッグニュースがある。
宮崎駿が5年ぶりにアニメを制作するという。
監督と脚本を担当するので、
完全な現場復帰だ。

ちなみに、
タイトルは「風立ちぬ」。
まさか、
「堀辰雄(昭和初期の作家)」じゃないだろうな、
と思って、調べると、
主人公は「堀越二郎」らしい。

堀越二郎といえば、
昭和初期の航空機技術者で、
「ゼロ戦」の設計者として知られる。
秀才と天才を足して2倍したような人物で、
エピソードには事欠かないだろう。

でも、
なぜ、「風立ちぬ」なのだ?
「風立ちぬ」公式サイトをみると、
堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して ・・・
とある。
ん~、やっぱり、堀辰雄も関係あるのかな。
戦闘機の設計と純文学とどう結びつくのだろう?
二人の共通点は、
年齢ぐらいだし。
まぁ、それは公開されてからのお楽しみ。

宮崎駿は僕を知らないが(当然)、
僕は彼の人生に注目している。
なぜか?

クリエーターとしての自分の命数を計るため。
つまり、何歳までクリエーターをやれるか、
知っておきたいのだ。
(今は役員「別名:雑用係」に身をやつしているが、
現場復帰を目論んでいる、ムフフ)

宮崎駿は、
希有の才能があり(アニメ+脚本+オタク)、
完全主義者で、
しかも、執念深い。
なので、
クリエーターとしては最高スペックだろう。
だから、彼の人生をみれば、
クリエーターの限界もわかるというわけだ。

そこで、
宮崎駿の年齢と作品を調べてみた。
で、結論 ・・・
60歳で創った「千と千尋の神隠し」を最後に、
その後、全部ハズレ。

ここでいう「ハズレ」とは、
興行収入ではなく、
「ヘッドピンをハズす」こと。
本来はボーリング用語なのだが、
最近、ビジネスの現場でもよく使われる。

ボールにどんな威力があっても、
ヘッドピンをはずすと、
ピンを全部倒せない、
という意味。

60歳を越えた宮崎駿の作品は、
まさにコレ。
制作はスタジオジブリなので、
絵のクオリティは高いが、
何かが足りない。
たぶん、それが「ヘッドピン」なのだろう。

宮崎作品の特徴は、
・ よく動く、楽しい。
・ 風通しがいい。

「千と千尋の神隠し」は、
そのすべてを備え、
静止画も息をのむほど美しい。
そして、
確固たる世界観がある。

ところが、その後の作品は ・・・

「ハウルの動く城」(63歳)は、
風通しが悪く、楽しくない。
それに、
奇妙な閉塞感がある。

「崖の上のポニョ」(67歳)にいたっては、
何が何だかサッパリ ・・・

もちろん、
アニメの作り手ではないので、
どこをどうしたら良いのかわからない。
でも、
「ヘン」なことはわかる。
やっぱり、
コンテンツは、
「神のひとさじ」なんですね。

映画監督のリドリー・スコットもしかり。
宮崎駿の映画版のような人で、
・ 制作現場を熟知している。
・ 映像にこだわる。
・ 完全主義者。
・ 歴史的作品を残している(エイリアン、ブレードランナー、グラディエーター)

ところが、
そのリドリー・スコットも、
64歳の「ブラックホーク・ダウン」がギリギリ。
(あのモチーフをあそこまでもってくるのはさすがだが)
75歳の最新作「プロメテウス」は、
映像はいいが「面白くない」との評判だ。
宮崎駿と状況が似ている。

アニメ界と映画界の両巨頭をみるかぎり、
60歳~65歳あたりが、
クリエーターの限界なのかもしれない。

というわけで、
宮崎駿71歳の「風立ちぬ」は期待できない?

でも、
ほんのわずか、望みはある。
「風立ちぬ」は、
宮崎駿自身が創りたい作品だから(たぶん)。

宮崎駿は、
知る人ぞ知る「軍事オタク」である。
彼の作品は子供向けなのに、
登場する戦車や飛行機は、
軍事オタクの勘所をキッチリおさえている。

さらに、
「宮崎駿の雑想ノート(大日本絵画)」をみれば、
彼の快感物質の出所が、
手に取るようにわかる。
オタクが喜びそうな軍事アイテムが、
「センスの良い水彩画 + 気の利いた言い回し」
で誌面をはみださんばかりだ。

たとえば ・・・

重空中戦艦WP-30。
全長24.4m、総重量25t、
当時世界で2番目の巨人機だった。
(誰も知らない)ボストニア国の「空中艦隊」の旗艦である。
国王ペトルみずから、
ドイツのユンカース社に発注したという。
ちなみに、当時世界一の巨人機は、
ドイツの輸送機Me323「ギガント」(たぶん)。
オタクはこういう話に食いつくのである。

さらに、
ドイツのリュースバルクの町にあった高射砲塔。
主砲は、「128ミリ40年式連装高射砲」で、
数秒に1発の間隔で、
26kgの榴弾を高度14800mまで撃ち上げたという。
「空の女王」とよばれたアメリカ爆撃機「B-17」の高々度を凌駕する。
恐るべき高射砲だ。

ちなみに、この128ミリ砲は、
名将ロンメルが愛した「88ミリ砲」の上位バージョンである。
本来、88ミリ砲は高射砲(対航空機)なのだが、
ロンメルは対戦車砲として利用し、
大きな戦果をあげた。
今となってはドーデモいい話だが、
オタクにとっては快感物質のもと。

リュースバルクの高射砲塔は、
この128ミリ高射砲を一つの塔に8門、
6塔で48門を集中させた。
恐ろしいほど濃密な砲撃で、
爆撃機の損失率が20%を越えたこともあったという。
5回出撃すれば、爆撃隊は全滅?
まぁ、そうはならないのだが、
この損失率は尋常ではない。

そして、
軍事オタク定番の「多砲塔重戦車」。
戦車の歴史をみれば明らかだが、
戦車は、
主砲が1門(対戦車・対建物)、機関銃が2、3丁(対歩兵)が常識。
こんな風に↓

Tank_Tiger
【ドイツのティーガーⅠ型】

一方、
多砲塔重戦車は、
大砲だけで数門、
機銃も10丁近く装備し、
そのぶん、図体もでかい。
いかにも強そう。

ところが ・・・

多砲塔重戦車は、
あっという間に廃れてしまった。
実用性に欠いたのである。

とはいえ、
宮崎駿が描く多砲塔重戦車は最高だ。
デフォルメは強いし、
水彩絵の具でチャチャっのお気軽イラストなのだが、
リアリティがあって、
オタクゴコロをくすぐる。
恐るべき才能だ。

そして、
誌面の片隅には、こう書かれている ・・・

このようなマンガ映画を観たい方は、
2億円ほど持参してください。
1年ほど待ってくだされば、
70分の総天然色マンガ映画を創ってさしあげます。

欲しい!カネさえあれば ・・・

やはり、
宮崎駿は軍事オタクなんですね。
そして、
ここが肝心なのだが、
クリエーターは、
好きなジャンルでこそ、
力を発揮する。

たとえば、
宮崎駿にしては珍しい軍事モノの「紅の豚」。
宮崎アニメのキモをすべておさえて、
設定が素晴らしい。

登場する男たちは
バカで貧乏だけど、
陽気で明るく元気。
女たちは、
美しく、賢く、強い。
そして、
みんな人生を楽しんでいる。
それが完全な世界を創っているのだ。
僕は今でも、
この世界に憧れている。

つまり、こういうこと。

宮崎駿は、
クリエーターとしてのピークが過ぎたので、
「スタジオジブリ」の、
良い子のためのアニメでは、
力を発揮できない。

可能性があるとすれば、
宮崎駿が大好きな「軍事モノ」だが、
スタジオジブリではムリ。

そこで、宮崎駿様にご提案 ・・・

晩節を汚さないためにも、
人生を実りあるものにするためにも、
スタジオジブリから離れ、
残された人生を、
大好きな軍事アニメの制作に捧げてはどうでしょう?

ということで、
2013年夏、宮崎駿「風立ちぬ」に期待します。

もし、
それが素晴らしい出来なら、
70歳過ぎても、
いいものが創れる証拠になるから。

宮崎駿さん、
世のクリエーターのために頑張ってね!
陰ながら応援してます。

by R.B

関連情報