BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・近江商人の町  2012.12.02

安土城跡に入るとき、
検問所のおばさんに、
「午後5時に閉山です」
と念を押されたが、
時計を見ると、もう4時半。
日が落ちたら大変だ。

山中に「明かり」は一切なく、
迷子になるのは見えている。
それに、
安土城は400年前に焼かれたので、
ヘンな霊に取り憑かれてはたまらない。
ということで、
小走りで下山した。

駐車場に着くと、
車は2台しかない。
人影もまばら、
と言いたいところだが、
僕とカミサンとおチビの3人だけ。
感動的な閑古鳥だ。

もっとも、
観る方にしてみれば、
閑古鳥の方がいい。
その昔、
PCゲーム「GE・TEN~戦国信長伝~
を作ったことがあり、
信長に思い入れもあるし、
一人で静かに、堪能したいから。

そんな信長オタクにとって、
安土山頂の「天主」跡は聖地だろう。
400年前にタイムスリップしたような、
信長の意識を共有したような、
不思議なカンカクで、
創造力がかきたてられる。
これが心理学者ユングの「象徴」だろうか。

というわけで、
すっかりご機嫌になって、
ホテルに帰還した。

夕食は、
近場の焼き肉屋で、
近江牛を食べることにした。
ホテルのレストランは、
昨晩で懲りたので。

ホテルのフロントに行き、
焼き肉屋を紹介してもらったが、
月曜日ということで、
どこも休業。
しかたがないので、
ホテルの近江牛鉄板焼き「伊ぶき」で食べることにした。

ところが、
メニューを見ると、
「近江牛」というだけで、
「黒和牛」の2割り増し。

昨晩の中華レストラン「桂林」みたいに、
1人11,000円も出して、
不味くもないし、美味くもないでは、
寝付きが悪くなる。
そこで、
8,800円の「多景島(黒和牛)」にした。

鉄板焼きなので、
目の前でジュージュー焼いてくれる。
一見、美味そう ・・・
でも食べると ・・・
不味くはないが、美味くもない。
はぁ、またー?
行きつけの焼き肉屋のステーキの方がよっぽど美味いぞ。
しかも、アルコール付きで半額以下。

コストパーフォーマンスには、
人一倍敏感なので、
いつもの戦闘思考モードに突入。
まずいなぁ ・・・
そこで、
耳の後ろのリセットボタンを押した。
(ウソです)

翌朝、8時に起床。
今日は最終日。
ホテルの朝食はバイキングなので、
おチビとカミさんに、
昼食ぶんまで食べといてね、
と念を押す。
(生まれ育ちはこういう所に出る)

でも、以前、
カミさんに聞いたのだが、
温泉に行ったとき、
朝食のおひつのご飯で「おにぎり」を握って、
その日のランチにしたらしい。
たしか、カミさんの実家は医者だったぞ。
金持ちほどケチって、本当だな。
この暴露がカミさんに見つかりませんように。

ちなみに、
朝食のバイキングは、
ちょっと不味い方かなぁ。
バイキングはどこも同じはずなのだが ・・・
ということで、
安土(近江八幡市)は食べ物は期待しないほうがいい。
安土うどんは美味かった)

チェックアウトをすませ、
金沢に直帰しようと思ったが、
せっかくなので、
近江八幡市を見学することにした。

市内に、
観光用の駐車場があったので、
そこに駐車し、
徒歩で観光する。
近江八幡市はこぢんまりしていて、
観光スポットも集中しているので、
効率がいい。

いきなり、
昭和初期の雑貨屋を発見。
氷あります。
懐かしいなぁ↓

Aduti_OumiHatiman_Shop

しばらくすると、おチビが、
お腹が痛い、
もう歩きくたくない、
と言うので、
1人で回ることにした。

近江商人の屋敷が連なる新町通り↓

Aduti_OumiHatiman_ShinMatiStreet

ん~、いい感じだ。
江戸時代にタイムスリップしたような。

たぶん、近江八幡市は、
太平洋戦争中、
爆撃をうけていないのだろう。
京都にしろ、金沢にしろ、
戦争で被災していない町は、
古い町並みがのこっていて、
懐かしい気分になれる。

そして、
近江八幡といえば「近江商人」。
江戸時代から、
凄腕商人としてその名を知られているので、
今の近江市民もさぞかし ・・・
と警戒したのだが、
まったくもって、
のんびり、おおらか。

郵便局のお兄さんが、
配達しながら、
すれ違う人みんなに会釈をしている。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界 ・・・ いい町だなぁ。

ネットを調べると、
はじめに「白雲館」に行くべし、とある。
観光案内所を兼ねているらしい。
こぢんまりした洋風の建物で、
お土産も売っている↓

Aduti_OumiHatiman_Hakuunkan

留守役の息子たちに、
「近江牛」を約束していたので、
店の人に、

「お土産に、近江牛買いたいんですけど、
いいお店紹介してください」

と尋ねると、

「今日はほとんどの店が休みなんですよ」

観光客が多いお盆に開店するので、
代わりにこの時期に休みをとるらしい。

あらら ・・・

ところが、
店員がなかなか親切な人で、
わざわざ問い合わせをして、
開いている店を1件だけ見つけてくれた。

店員に感謝して、
お土産も買わず、
その店にむかう。
(1つぐらい買ってあげればよかったかな)

10分ほどで目的地に到着。
小綺麗な店で、
肉の販売のほかに、
レストランもやっている。
ところが、
昼間にもかかわらず、
ほぼ満員。
昼間っから近江牛?
ありえない!

安土・近江八幡市は、
信長の城下町だったので、
信長の財宝が管理されていて、
住民がナイショで支給されているとか、
くだらないことを考えている間に、
カミさんが買い物をすませていた。
1枚3000円のサーロインを5枚買ったという。
3000円×5枚=1万5000円!?
思わず、卒倒しそうになった。

僕が何か買うたびに、
もったいないとか、ムダだとか、
なんだかんだ難癖つける癖に、
自分が大好きな牛肉なら、
1万5000円でもオッケー!?
納得できんわ!
育ちが育ちなので、
当分立ち直れそうにない。

近江八幡から、
高速道路にのり、
金沢にむかう。

1万5000円の近江牛が、
頭から離れないので、
ドライブに集中することにした。
近江牛ごときで、
子供の前で、
夫婦げんかしたくないので。

今年の3月に買った新型カムリは、
高速道路で威力を発揮した。
ハイブリッドといえば燃費だが、
追い越しがじつに爽快なのだ!

アクセルをちょっと踏み込んだだけで、
キュィーンと急加速、
先行車をあっという間に抜き去る。
その気持ちのいいこと ・・・
ジェット戦闘機のアフターバーナーは、
こんな感じなのだろうと、
1人で悦に入っていた。

新型カムリは2500ccだが、
2000ccとはゼンゼン違う。
たった500ccで、こんなに違うんだ。
しかも、燃費はリッター20km。
トヨタの技術は魔法だな。

家に帰り、
その晩は、
もちろん、近江牛ステーキ。

で、感想は?

まぁまぁ。
昔食べた「蓼科(たてしな)牛」や「神戸牛」のほうがうまかったような ・・・
調理方法もあるだろうけど、
最高級じゃないとダメなのかな。
(もっと高い近江牛がいくらでもあった)

結局、
僕みたいな平民は、
どうせ味は分からないのだから、
焼き肉屋のステーキで十分なんだろう。

ということで、
2泊3日の「信長の旅」は、
無事終了した。

by R.B

関連情報