BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・安土城跡  2012.11.25

午後3時過ぎ、
「安土城跡」に到着。
といっても、
目の前には、
さびれた駐車場と、
田んぼに浮かんだ氷山のような小山があるだけ。

じつは、
安土城は安土山と一体化した城なのだが、
本能寺の変で全焼し、
石段と石垣しかのこっていない。

じゃあ、一体何を見るのだ?

安土山。

というわけで、
半分、城跡の見物、
半分、森林浴。
ただし、
信長に思い入れがある人なら、
ジーンとくる聖域である。

安土城は、
本格的な天守閣を備えた日本初の城だった。
しかも、高さは46mと、
木造建築では類をみない。

かつて、
安土城を訪れた宣教師ルイス フロイスも、
ヨーロッパの城に比肩すると絶賛している。

ところが、
安土城の一次資料(当時の資料)は、
テキストばかりで、
絵や設計図のたぐいは一切残っていない。

その文字情報だけで、
再現されたのが、
信長の館」にある安土城天主のレプリカだ。
ただし、
レプリカとはいえ、原寸大で、
本物より立派(たぶん)。

駐車場に車を止めて、
安土城跡に入ろうとすると、
検問所のような小屋がある。
イヤな予感がしたので、
早足で通り過ぎようとすると、
おばさんがひょいと顔を出して、
「入場料(500円)をお願いします」

入場料?

20年前はタダだったぞ!
と、くってかかるところだったが、
おチビとカミさんの手前、
我慢することにした。

「安土城跡」とはいえ、
石段と石垣しかないのに有料?
森林浴にカネを払う人がいる?
信長オタクは別として。

実際、
山内を1時間歩き回って、
出会ったのは、
老人一人だった。
天守跡を背景に写真を撮ってくれというので、
撮ってあげたが、
みるからに学者風で、
歴史の造詣(ぞうけい)が深そう。
そんな物好きしか来ないだろう(失礼)。

戦国時代は、
信長みたいな予測不能の天才が成功した唯一の時代で、
安土城はそんな「日本の熱い時代」の象徴なんだぞ。
だから、
たくさんの人に見てもらうべきなのに、
小銭を徴収して、
少ない来訪者をさらに減らしている。
本末転倒といおうか、
狭量といおうか、
愚かといおうか、
日本の歴史をもっと大切にしてほしいものだ。

とはいえ、
遠路はるばる来たわけだし、
500円を惜しんで、
きびすを返すのも大人げない。
ということで、
仏頂面で入場料を払うことにした。
(大人げない)

入城すると、
いきなり、長い石段がつづく↓

Aduti_Castle_Real_Stair

幅は広く、傾斜は急ではない。
防御のための仕掛けは一切なく、
城塞というよりは宮殿に近い。

最初の石段を少しのぼると、
左側に羽柴秀吉の屋敷、
右側に前田利家の屋敷がある。
敷地の広さは500~1000坪ほどだが、
さすがに建物はのこっていない。

安土城は、
このような石の階段が、
1本の道筋を形成し、
深い森の合間をくぐり抜け、
頂上へと導いてくれる。

石段と、
たまに、かいま見える石垣と、
美しい緑の木々が見事に調和し、
得も言われぬ風情がある。

最高の森林浴だ。

石段沿いに、
家臣や織田一族の屋敷跡があり、
頂上に近づくと二の丸、本丸の跡、
最後に天主(天守閣)跡がある。

さらに、
山の反対側には
寺院まで建立されている。
信長はたしか、
神仏を一切信じない超合理主義者じゃなかったけ?
なんで、わざわざ、
宮殿に寺院を建てるのだろう。
信長の歴史には、
まだまだ謎がありそうだ。

途中に、
巨大な石垣を発見↓

Aduti_Castle_Real_StoneWall

安土山は標高199mあるので、
これだけの石を運ぶのは、
大変だっただろう。

昨日見学した「信長の館」に、
安土城建設の様子を再現したミニチュアがあった↓

Aduti_Castle_Construct

まるで、
エジプトのピラミッドの建設風景だが、
本当にこんな大規模な工事だったのだろうか?

「フロイスの日本史」によれば ・・・

信長は近江の国の安土山に、
日本で最も壮麗だといわれる
七層の城と宮殿を建築した。
すべては切断しない石からなり、
運び上げるのに4、5千人を必要とする石もあり、
特別の石は、6、7千人が引いた。
ある時、誤って石がすべりだし、
150名以上が下敷きになり、
おしつぶされ、砕かれてしまった ・・・

「信長の館」のミニチュアは、
誇張ではなさそうだ。

さらにのぼっていくと、
頂上近くに本丸跡があるが、
礎(いしずえ)しかのこっていない↓

Aduti_Castle_Real_Honmaru

そして、
いよいよ頂上。
ここに天主(天守閣)があったのだが、
やはり、礎(いしずえ)しかない↓

Aduti_Castle_Real_Top

頂上から下界を展望すると、
安土町のパラノマ絶景↓

Aduti_Castle_Real_TopView

ここから、信長は、
自分が作った城下町を見下ろし、
悦に入っていたのだろう。

ところで、信長は、
なぜ、安土に居城をすえたのか?
彼は筋金入りの合理主義者だから、
「ここしかない」的な、
強烈な理由があったはずだ。

安土城の築城がはじまったのは、
1576年(天正4年)1月とされる。
普請奉行は、
信長の有力な家臣、丹羽長秀である。

じつは、
その半年前の1575年6月、
長篠の戦いで、
信長は大鉄砲隊で、
武田軍を殲滅している。
この戦いで、
武田騎馬隊は壊滅し、
重臣も多数討ち死にした。
結果、武田は、
信長の敵ではなくなっていた。

また、
浅井・朝倉もすでに滅亡しており、
最大の難敵「本願寺一向宗」も弱体化し、
信長に立ち向かえるのは上杉謙信ぐらいだった。
そして、
その上杉の前哨基地が、
加賀(現在の金沢)だったのである。

つまり、
安土城の築城が始まった頃、
信長の重要な拠点は3つあった。
① 京都(日本の都)
② 尾張(織田の本国)
③ 加賀(上杉謙信の前哨基地)

もし、
上杉軍が京都に進軍するとすれば、
北陸街道を南進し、
安土を通る。
また、
尾張本国を攻める場合も、
北陸街道から安土を経由する。

つまり、
地政学上、
安土が一番の要衝になる↓

Aduti_Castle_Map

しかも、この頃、
安土山は琵琶湖に面していたので、
琵琶湖周辺地域に、
水路で行き来できた。
水路は陸路より、
高速で、大量の荷が運べるので、
交通の便もいい。

というわけで、
信長は人生最後の居城を、
安土にすえたのである。

余談だが、
江戸時代に、
琵琶湖と日本海をむすぶ運河の計画があった。
もし、実現していれば、
安土から朝鮮、中国まで、
一本の水路で行けるわけだ。

夢をかき立てる壮大な計画だが、
やはり、技術的にムリがあった。
そのため、
計画は早々に断念され、
幻の運河となってしまった。

2012年現在、安土は、
新幹線はおろか、特急も通っていない。
日本の主要動脈から、
完全にはずれている。
しかも、JR安土駅は、
どこからどう見ても「場末のJR駅」だ。

でも、僕は思う ・・・

もし、信長が本能寺の変で倒れなかったら ・・・

安土は、
政治と経済の中心として栄え、
日本の首都になっていたかもしれない。

そして ・・・

琵琶湖と日本海を結ぶ「安土・日本海」運河、
琵琶湖と太平洋を結ぶ「安土・太平洋」運河が開通し、
安土から、水路1本で、
世界のどこへでも行ける ・・・

内陸にありながら、
世界の海と直結するメガロポリス「安土」。
歴史も今とは違うものになっていただろう。
そんな「もう一つの世界」を、
夢想するのである。

by R.B

関連情報