BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・比叡山延暦寺  2012.11.18

信長の館で、
「安土城天主」に感激し、
安土城考古学博物館で、
「まめのぶくん」にはまり、
上機嫌でホテルに帰還した。

一風呂浴びて、
ホテルの中華レストラン「桂林」で夕食をとる。
久しぶりの外食だったので、
奮発して、11000円/人の「桃源」コースにしたが、
これが大失敗だった。

まず、
料理がでる間隔が長すぎる。
コースが終わるまで、
3時間もかかった。
腹は減るし、
元々せっかちなので、
イライライライラ ・・・
しかも、
不味くはないが、美味くもない。
11000円は絶対ありえんぞ!

さらに、
おチビのお子様ランチもひどかった。
まともなのは、
デザートぐらい。
もう絶対に来んぞ!
と神に固く誓った。
(何がどうなるわけでもないが)

翌日、朝9時に起床。
朝食後、
比叡山延暦寺に向かう。

カーナビによると、
ホテル(近江八幡)から比叡山延暦寺まで、
1時間20分かかるという。
じつは、
延暦寺会館で精進料理ランチの予約をしていた。
でもまぁ、2時間あるから大丈夫だろう、
と高をくくっていた。

それにしても、
いい時代になったものだ。
20年前、
カミさんと延暦寺に行ったときは、
地図とにらめっこしながら、
あーだこーだ、
苦労したものだった。
(あの頃は仲が良かったなぁ)

それが、
今ではカーナビが、
日本語でナビゲートしてくれる。
ありがたや、ありがたや。

ところが ・・・

比叡山を上り始めて、
しばらくすると、
カーナビが、
「次を左折してください」
というので、
ハンドルを切ると、
道がない!

わわわぁー!

あわててブレーキを踏みつけ、
目をこらすと、
道はあるが、
道幅が1mほどで、
車を横倒しにしないと通れない!
何かの冗談か?

カーナビをよく見ると、
目的地を示す旗マークが消えている。
しかも、
誘導ルートがループしている。
ループ ・・・
無限にクルクル回れって?
オレはネズミか?

延暦寺会館の電話番号が間違っている?
ところが、
何度入力しても、
「延暦寺会館」と表示される。
一体どうなってるんだ?

しかたがないので、
「比叡山」で再設定すると、
違うルートが表示された。
今度は間違いないか?

疑心暗鬼にかられながら、
車を発進させると、
いきなり、
狭い道に誘導された。
ところが、
狭いなんてもんじゃない。
車が1台通れるか、通れないほど。

カミさんが、
「えー、うそ!
わたし、ダメ」
と目をつむっている。
おいおい、サイド見ててよ!

微速前進するが、
両サイドのすき間が10センチもない。
こっちは新車なんだぞ!
(道にしてみれば、知ったことか)

最悪 ・・・

それでも、
なんとかくぐり抜け、
脱出に成功。
カミさんが、
「わー、パパってすごいね~」
と初めて誉めてもらったが、
ゼンゼン嬉しくない。
ほんとに、車が通る道か?

比叡山に呪われてるんじゃないのか?
その昔、信長に焼かれたから ・・・
僕と信長は何の関係もないのに、
おかしいな。

ということで、
比叡山延暦寺に着くまで、
生きた心地がしなかった。

目的は「精進料理」だったが、
おチビがいるので、
一応、観光することにした。
メンドーなので、
いきなり、本命の延暦寺根本中堂へ↓

Aduti_Enryakuji_Konpon

中にはいると、撮影禁止。
まぁ、修行僧もいるようなので、
仕方がないと思ったが、
なんと、
構内でグッズを販売している!

そこで、ふと、
イエス キリストのエピソードを思い出した。

イエスは、
「右の頬を打たれたら、左の頬も向けなさい」
的な寛大な人物だったが、
我を忘れて怒りまくったエピソードがある。

あるとき、
イエスがエルサレムの神殿に入ると、
中で、物品販売と両替をやっていた。
このような商行為は、
神聖な神殿を汚すものである。
そこで、
イエスは並べられた商品をひっくりかえし、
商人を追い出したという。

根本中堂の商品売り場を
イエスがひっくり返すのを想像しながら
1人悦に入っていた。

はは~ん、
それで、来る途中、ひどい目にあったんだ。
でも、因果関係が逆だし、
おかしいな。

根本中堂を出ると、
また土産物売り場があったので、
おチビが友達にお土産をかった。
ところが、
店の奥にいる坊さんが、
じつに無愛想なのだ。

「あのう、すみません、
キーフォルダ欲しいんですけど」

ムスっとしたまま動かない。
そこで再び、

「あのう、すみません」

「いま、行くから ・・・」
と不機嫌そうに、
売り場窓口に来る。

おいおい、どっちが客やねん。
そんなんだから、信長に焼かれたんだろ!
と毒舌をつきたくなる。
(ちょっとバチ当たりかなー)

はは~ん、
根本中堂の空想のバチがあたったのかな?
こっちは因果関係は正常だし。
人間、ヒマになると、
つまらんことを考えるものだ。
普段は死ぬほど忙しいので、
すでに心が病んでいるのかも。

ところが、
だんだん腹が立ってきた。
そこで、
頭を切り換えて、
精進料理に集中することにした。
延暦寺会館に入り、
予約の旨伝えると、
奥の予約席に案内された。

しばらくして、
料理が出る。
おー、予約した「精進弁当(二段重)」だ。
美味そう↓

Aduti_Enryakuji_Lunch

ところが ・・・

ゼンゼン美味くない。

歯ざわりも、味も、人工食品みたいで、
「自然」の香りと味がしないのだ。

カミさんも、
黙々と食べながら、
「20年前食べた『ゴマ豆腐』とゼンゼン違う。
なんか、不味くなったねー」
と、ポツリ。

同感だ ・・・ 20年前に食べた精進料理は感動ものだったのに。

これで、2600円?
ありえん!
仏に仕える身でありながら、
暴利をむさぼるとは、けしからん!
だから、信長に焼かれたのだ!
(おっと3度目のバチ当たりだ)

食事が終わり、
お土産売り場にいくと、
あの「ゴマ豆腐」をパッケージで売っていた。
あー、やっぱり ・・・
これを使ってるんですね。
精進料理のレプリカを食べた気分だった。

何のために、
延暦寺まで来たのだ?
と血圧を上げながら、
観光マップを凝視していると、
比叡山の頂上に、
「ガーデンミュージアム比叡」があるという。
たしか、
20年前来たときは、
遊園地とスキー場のはずだったが。

ついでなので、
行ってみることにした。

「ガーデンミュージアム比叡」は、
庭園の中に、
印象派の絵画が展示されていて、
絵画ギャラリーもあるという。

ところが、
入場料1000円を払って、
中に入ると、
「絵を入れ替え中で、ギャラリーは閉鎖中」
とある。

おいおい、
入った後で、それはないやろ。
そのぶん、値引きしろよ!
と、食ってかかるところだったが、
おチビとカミさんが恥ずかしい思いをするといけないので、
我慢することにした。

中には、
花の庭園があって、
印象派の画家ゴッホ、ルノアール、ドガなどの絵画が飾られている。
吹きさらしなので、たぶん防水キャンパスだろう↓

Aduti_GardenMuseum

この庭園は、
南フランス・プロヴァンス地方の
明るい陽光とやわらかな土色をイメージしたらしいが、
行ったことがないので、
よくわからない。

敷地は広くはないが、
手入れが行き届いて小綺麗。
絵画は庭園とマッチしているし、
それなりに雰囲気がある。

庭園の中央に、
モネの絵画「睡蓮(すいれん)」を模した池を発見↓

Aduti_GardenMuseum_Suiren

あえて言うのもなんだが、
モネの「睡蓮」に似ている。

その近くに、
お土産売り場があったので、
入ってみた。
こじゃれた雰囲気で、
悪くはない。

展望台もあったが、
こっちは薄汚れた感じで、
入る気がしない。

まぁでも、
二度と来ないのだから、と思い返し、
上ってみることにした。

予想通り、
中は寂れていた。
そこで、
展望台を一周して、
京都を遠望して、
あー、綺麗だねー、
ですぐに降りた。

ということで、観光終了。

さて、次は、
本日のハイライト「安土城跡」だ。
何の未練もなく、
織田信長の「比叡山燃ゆ」で知られた
比叡山延暦寺を後にした。

by R.B

関連情報