BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・信長の館  2012.11.11

午後2時過ぎ、
「信長の館」に到着。
夏休み&日曜日だというのに、
中はスカスカ。

まぁ、夏休み最後の週というのは、
どこもこんなもんだろう。
子供にしてみれば、
宿題でそれどころではないのだ。
それにしても、
あの苦しみを、
今でも夢でうなされるのはどういうわけだ?

さて、
「信長の館」だが、
目玉はなんといっても、
「安土城天主」のレプリカ。

安土城は、
言わずと知れた
織田信長の居城である。
安土山を一山くり抜いた巨城で、
宣教師のルイスフロイスも、
ヨーロッパの城に匹敵する城、
と絶賛している。

ところが、
本能寺の変のどさくさで、
焼け落ちてしまった。
誰の仕業かイマイチはっきりしないが、
たぶん、
信長の二男・信雄(のぶかつ)だろう。
そんなわけで、
安土城は幻の名城ということになっている。

その安土城が、
1992年、スペイン・セビリア万博に、
日本館のメインの展示品として、
出展されたのである。
しかも、原寸大で!

もっとも、
復元されたのは、
安土城天主の最上部の5階と6階だけ↓

Aduti_Castle_Dammy

もちろん、日本館のメイン展示品なので、
いいかげんなものではない。
東京大学、東京芸術大学、京都市立芸術大学
の指導をうけながら、
日本の名工によって忠実に再現されたという。

その安土城天主のレプリカが、
セビリア万博終了後、
安土町が譲り受けて、
「信長の館」に展示されたわけだ。

まずは、天主5階。
八角形で構成された30坪の空間である。
仏教の世界観により、
理想郷が再現されている。
金箔の壁と、
釈迦説法図のふすま絵に囲まれた総朱漆塗りの床、
その真ん中に2枚の畳が敷かれている↓

Aduti_Castle_Dummy_5F

写真ではわからないが、
天井には、
天人の飛ぶ「天人影向図(てんにんようこうず)」が描かれている。
ただし、この部分は、
セビリア万博の後に追加されている。

次に、天主6階だが、
セビリア万博バージョンから、
大幅にグレードアップされた。
追加されたのは、
金箔10万枚を使った外壁と、
金箔の鯱(しゃちほこ)をのせた大屋根↓

Aduti_Castle_Dummy_GoldWall

さらに、
室内も大幅にグレードアップ。
狩野永徳一派が描いた「金碧障壁画(きんぺきしょうへきが)」↓

Aduti_Castle_Dummy_6F

これはマジで凄い ・・・
息をのむほどの絢爛豪華さだ。
一流の学者と天下の名工が、
作りあげただけのことはある。
レプリカというよりは、
ホンモノとして成立するのでは?
400年前の実物より立派かも!?

一般に、歴史学では、
同時代の史料を「一次史料」、
後世に編纂されものを「二次史料」と呼んでいる。
当然のことだが、
後世になればなるほど、
記憶も薄れ、
書き手の利害もからんで、
信憑性は薄れていく。

だから、
普通に考えれば、
一次史料が最も信頼性が高い。
織田信長では、
信長公記」と「フロイス日本史」が、
この一次史料にあたる。

じつは、
「信長公記」と「フロイス日本史」の中に、
安土城の記述がある。

「フロイス日本史」は、
信長の時代、
イエズス会宣教師ルイス・フロイスによって書かれた書で、
「日本史」ともよばれている。

文体は格調高く、
観察眼も確かで、
キリスト教以外に利害関係もないので、
信頼性は高いと考えていいだろう。

ルイス フロイスは、
織田信長に謁見し、
安土城も訪れ、
その時の感想を「日本史」に記している。

それによれば(※)、
・それまで日本で建てられた最も壮麗な7層の城と宮殿。
・ヨーロッパの石造建築物にひけをとらない堅固さと豪華さ。
・宮殿や広間の富、内部で光彩を放つ金。
・赤い仮漆でおおわれた柱、金がほどこされた柱。
・豪華な宮殿とおびただしい部屋の絵画の装飾。

「信長の館」の安土城天主そのままだ。

また、「信長の館」の入り口右側に、
信長にちなんだフィギュアが多数展示されていた。
ただし、ただのフィギュアではない。
琵琶湖産のヨシ(イネ科の多年草)を使った
和紙人形である↓

Aduti_Nobunaga_Figure

独特の味わいがあって、
目がクギづけ ・・・ 1500円でも買うぞ!
と力んだが、
売り物ではなかった。
横でカミさんが、
「1500円のわけないでしょ」
と白い目でこちらを見ていた。

また、
入り口正面には御膳が並んでいる。
タイトルは、
「天正十年安土御献立」?

意味不明なので、
説明書きに目をこらすと ・・・

織田信長が、
武田征伐の武勲を祝し、
徳川家康をもてなすため、
天正10年5月15日、16日の両日にわたって、
安土城で饗宴でひらいたが、
そのときの御膳だという。

じつは、
その3ヶ月前、織田信長は、
武田本領に攻め込み、
武田家を滅ぼしている。
ところが、この征伐では、
合戦らしい合戦はなかった。
7年前の長篠の戦いで、
武田軍は足腰を砕かれていたからである。

で、その御膳だが
総計120品にもおよぶ豪華さ↓

Aduti_DaimyoDinner

400年前なのに、
いいもん食ってるなぁ ・・・
現代の旅館でもイケるのでは?

ちまたに流布した通説によれば、
この時、接待役に任じられたのが明智光秀で、
「仕度が行き過ぎである」
と信長から叱られて、
役を降ろされ、
毛利攻めの後詰めに回された。
その腹いせが、
本能寺の変なのだという。

ところが、
一次史料の「信長公記」と「フロイス日本史」には、
そのような記述は一切ない。
そもそも、光秀のような計算高い男が、
接待役をおろされたくらいで、
命を張るわけがない。

帰り際に、
お土産売り場を見つけたので、
さっそく、物色。
じつは、
この手の土産物が大好きなのだ!

瞬間、カミさんの目が警戒モードに。
そこで、
息子たちに信長Tシャツでも買ったら、
と、うながして、
そのスキに、
信長の「天下布武」の朱印をゲット↓

Aduti_Nobunaga_Stamp

おー、夢にまで見た「天下布武」の朱印!
ところが、店員の
「3000円いただきます」
に卒倒しそうになった。

「そんなもの、何に使うの?
その横の1000円ので、いいじゃない!」

と背後にカミさんの声。
振り返ると、目がつり上がっている。

よく見ると、
その横にチープな朱印のミニチュアがある。
確かに1000円だ。
愚か者め、
こういうものは、本物ソックリじゃないとだめなんだぞ!
とは言えないので、
ハハハと作り笑いで、
その場を離脱した。

さらに、
カミさんのスキをみつけ、
信長のセンスをゲット↓

Aduti_Nobunaga_Uchiwa

ん~、何に使おうか。

つづいて、
信長の「天下布武」Tシャツもゲット↓

Aduti_Nobunaga_TShirt

ん~、人前では着れんなぁ。

ということで、
毎度のことながら、
本当にバカだと思う。

「信長の館」を出ると、
その隣に、
「安土城考古学博物館」があった。
ついでなので、
行ってみることにした。
ちなみに、
「信長の館」とセットで入場券を買うと、
少し安くなる。

「信長の館」と「安土城考古博物館」の周囲は、
こんな感じ↓

Aduti_AdutiMusieum

透明な空と、緑の木々に囲まれた大空間 ・・・
あ~、心が安らぐ。

「安土城考古博物館」に入る ・・・
展示物は大したことはない。
でも、中庭は立派、
ヨーロッパの修道院のような雰囲気がある↓

Aduti_Castle_Museum

中庭を囲む回廊では、
安土の遺物の修復作業を行っていて、
ガラス越しに見ることができる。
これも、観光コースのひとつなのだろう。

そして ・・・

「安土城考古博物館」を出ようとした瞬間、
面白いポスターを見つけた↓

Aduti_MameNobukun

あなたの一票で天下統一、まめのぶくん ・・・

何かの催し物なのだろうが、
僕的には、ツボにはまってしまった。
それもとてつもないレベルで。

「まめのぶくん」は、
「安土城考古博物館」の職員がデザインしたキャラで、
あとで、名前を公募したらしい。
ネーミングも、
キャラデザも最高!

家に帰ったあと、
キャラ描ぎの練習をして、
今では、一筆書きで描けるほどになった。
それにしても、
「まめのぶくん」、
なんで有名にならないのだ?

by R.B

関連情報