BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・安土の町 2012.11.04

「信長の旅」の初日、
空は限りなく透明に近いブルー。
おチビとカミさんを連れて、
一路、安土に向かった。

金沢から安土までは、
「北陸自動車道→ 名神高速」と乗り継いで、
3時間ちょい。
新型カムリを駆って、快走した。
2500ccのエンジンがこれほど快適とは。

安土は、
言わずと知れた織田信長の城下町。
期待に胸膨らませて、
「JR安土駅」へ。
ところが↓

Aduti_JR_Station

ショボイ。
天下の織田信長の城下町なのに、
と、意気消沈して振り返ると ・・・

Aduti_JR_Nobunaga

おー、織田信長様だ。
ひかえおろう!
本人はガチなのだろうが、
どこかとぼけた感じがして、
僕的には、
ツボにはまってしまった。

というわけで、
信長の旅のはじまり、はじまり ・・・

まずは、
JR安土駅前の観光案内所で、
安土の観光マップをゲット(無料)。
つぎに、
その横のソバ屋でランチ。

目ざといおチビは、
「近江牛」が何たるかを知っていて、
数ある品目の中から、
一瞬で、
「近江牛ソバ」を見つけて、
注文する。

じゃ、僕もそれにするか、
とメニューをみると、
なんと、1300円!
そんな高いソバがあるのですね。

ということで、
ケチな僕とカミさんは、
900円のシイタケ ソバにした↓

Aduti_Soba

ところが、
これがなかなか美味い。
ただ、目の前の、
おチビの近江牛ソバが気になってしかたがなかったが ・・・
親が我慢して、
子供に贅沢をさせる、
まぁ、今どきの親バカだ。

ランチが終わり、
安土駅から、
ホテルがある近江八幡に向かう。

ところが ・・・

安土から抜け出す道が、
信じられないほど狭い。
カムリの車幅はクラウン並なので、
道幅ギリギリ、
生きた心地がしなかった(新車なので)。

正午に、
「ホテル ニューオウミ」にチェックイン。
ほんとは、チェックインは午後1時以降らしいが、
遠路はるばる来たこと、
連泊ということで、
サービスしてもらった。

部屋に入ると、
すでに冷房が効いている。
早く着くというので、
1時間前に冷房を入れておいてくれたという。

「ホテル ニューオウミ」は、
ビジネスホテルだが、
社員の教育がいきとどいている。
礼儀正しいし、
対応も丁寧で親切だ。
(2連泊しての感想)

部屋で一服して、
観光の計画を立てる。

時間に急かされて、
ハツカネズミみたいに、
あちこち回るのが嫌いなので、
今日は、
1.信長の館
2.安土城考古博物館
の2つに決めていた。

当初は、
近江八幡から安土駅まで、
JRで行って、
そこから、徒歩で回る予定だった。
ネットには、
チャリンコか徒歩で回るのが一番、
と書いてあったから。

フロントのお姉さんが美人だったので、
用もないのに、相談してみると、
安土駅前から「信長の館」まで、
バスが出ているという。

「徒歩」がお勧めなのに、
なんでバスが出ているのだ?

さらに、
美人のお姉さんが、
「車があるなら、絶対、車で行ったほうがいいですよ」
と笑顔で断言する。
そこで、車で行くことにした。

実際、行ってみると ・・・

「徒歩」の距離にあらず。
それに、
周囲は山と田んぼなので、
散歩を楽しむ気にもなれない。

フロントのお姉さんが美人じゃなかったら、
徒歩で回るところだったぞ ・・・
アブナイ、アブナイ。

by R.B

関連情報