BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■年金問題 2009.10.17

毎日、読書とプログラミングで過ごせたら、
どんなに楽しいだろう。
そのかわり、1日うどん2杯でいいし、
雨風しのげる部屋があればいい。
あと、暑さ寒さに弱いので
冷暖房があると嬉しいのだが ・・・

で、現実は?
週に70時間も働いている。
だけど、辛いかと言えば、
そうでもない。
会社の役に立ってるし(たぶん)、
家族にも喜んでもらってる(はず)。
それで満足(かも)。

もちろん、
ファウスト博士のように、
メフィストに魂を売って、
夢をかなえたいと思うこともあるけど、
悪魔を召喚する方法がわからない。

働く理由はもう一つある。
働けば、価値を生むから。
どんなに本を読もうが、
誰も使わないソフトウェアを何本書こうが、
何の価値も生まない。

ここでいう価値とは、
自分以外にとって有益なもの、
社会にとって有益なもの。
つまり、
「社会で交換可能」のもの。

僕は食べ物は作っていないが、
毎日食べている。
誰かが僕の分を作ってくれているわけだ。
Thank you!
もちろん、タダというわけにはいかない。
誰かが生んだ「価値=食料」をもらうために、
僕も価値を生む。
これが労働だ。

つまり、価値を交換するために、
僕らは働いている。
だから、労働は尊い。
こんなのあたりまえだけど、
今では、説明が必要だ。

そんな視点で見ると、
年金問題は奇異にみえる。
世間でいう年金とは、
「働かずして食うこと」

年をとって、満足に働けなくなって、
しかたがない部分もあるけど、
正々堂々、もらって当然と主張するのは、
どこかあさましい ・・・
払う人のコト、忘れてないか?

公的年金、JALの企業年金もしかり。
もらって当たり前、
老人を差別することは許せない、
と、もらう方が威張っている。
年金資金は無限だと思っている?
払う人がいることを忘れてる?

いくら、自分が年金を積み立てようが、
会社が破綻したら、
もらえないのは、あたりまえ。
会社が払えないから、税金で払えとでも?
だから、JALはここまで堕ちたのだ。

公的年金もしかり。
自分が積み立てたから、
年金を減らすのはとんでもない?
あなたに払う年金は、
あなたが積み立てたものではなく、
今働いている人たちが払っているんですよ。
ココが肝心。

会社の若手曰く、
毎朝、出勤するとき、
ゲートボールに興じる老人たちを見るたびに、
高い社会保険料を思い出すという。

もらう権利があろうが、なかろうが、
俺たちの薄給から天引きされたお金が、
遊技費に消えている ・・・
権利がどうであれ、
理屈がどうであれ、
若者たちにどんな感情がわくか、
わかるでしょう。

隣の家が失職し、
食うや食わずのとき、
毎晩、見えるところで、バーベキューやったら?
自分が稼いだカネで何をやろうが、
自分の権利で何をやろうが、
他人にとやかく言われる筋合いはない!
それはそうでしょう。
でも、
立場が逆でも、
同じように考えられる?

国の未来を背負うはずの
若い世代の失業率が10%。
それでも、保険料を納めろという。
そのおカネが、
年金受給者の遊技費に消えているとしたら、
捨てられる薬代に消えているとしたら?

老若男女を問わず、
働けない人たちを保護するのは、
高度な社会のあかし、誇るべき社会。
だけど、
これは年金問題とは違う。

資金が潤沢なら、
年金はきちんと支払うべし。
それは、あたりまえ。
だけど、その資金繰りが破綻している。
それでも、
年金をちゃんと払えと?
どうやって?

失業率10%、薄給の若い世代に増額する?
子供をかかえ、家のローンをかかえ、
リストラにおびえる中高年からもぎとる?
ルース ベネディクトが、
「菊と刀」で著した日本人の「恥の文化」は、
どこへ行ったのだろう?

他人が生んだ価値をもらうかわりに、
自分も価値を生む。
物理の法則にも匹敵する真理なのに、
どうして、説明が必要なのか、
僕には理解できない。

資金がなければ、
年金額は下がって当然だし、
年金をもらう以上は、
質素な生活をすべきだ。
贅沢したければ、自分で稼げばいい。

年をとっても、価値はいくらでも生める。
小学生の通学サポート、街の美化運動、子供の教育 ・・・
みんなボランティアだけど、
やっていれば、
文句を言う若者は減るだろう。
たとえ、
自分の薄給から天引きされ、
年金受給者に支払われたとしても。

社会の価値は有限だ。
だから、
誰かが使えば、そのぶん、
誰かが生み出す必要がある。
使いっぱなしは、ナシ。
これは物理の法則。
エデンの園ではないのだから。

年金を受給するなら、
自分のできる範囲で価値を生む。
質素な生活に耐える。
どっちもダメなら、
年金を払う人が納得する「何か」をする。
僕がリタイヤするのは、まだ先だけど、
準備はもう始めている。

by R.B

関連情報