BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■信長の旅・夏休みの宿題 2012.09.09

夏も終わりに近づいたある日、
「織田信長」ゆかりの地を、
旅してみようと思い立った。

おチビが、
「夏休みの宿題がオダ ノブナガ?
なにそれ、
ゼンゼン興味ないシ~」
とぼやいたのがきっかけだった。

確かに、
「信長、秀吉、家康、
この3人の中で、
誰の家来になりたいですか?
その理由も書いてね~」
は、小学校6年生にはトートツ過ぎる。

担任の先生が、
戦国時代が大好きで、
熱く語っているのだろうが、
生徒の方はポカ~ン、
そんな情景が目に浮かんだ。
というわけで、
先生がちょっと気の毒になった。

というのも、その昔、
僕も「信長」オタクだったから。
たまたま、その頃、
PCゲームが全盛で、
GE・TEN~戦国信長伝・下天~
というシミュレーションゲームをつくったほど。
もちろん、
こっちはトートツではなく、
会社の新規事業としてやったのだが。

確か、あの時も、
スタッフに信長のイメージを刷り込ませようと、
信長のゆかりの地に”出張”したものだった。
で、行き先は、
「安土」と「比叡山延暦寺」 ・・・
それだけ?
イエス!
で、理由は?

今から数百年前、
日本が群雄割拠していた頃、
最強グループは、
今川、武田、上杉、
つづいて、
毛利、北条、島津、長宗我部 ・・・
だから、
尾張の「オダ ノブナガ」なんて、
ローカルもいいところだった。

ところが ・・・

じつは、
この織田家、
領地は尾張一国なのだが、
平野が多く、生産性も高いので、
石高は57万石もある。
しかも、
どういうわけか、
超お金持ち。
さらに、
尾張兵は弱兵なのに、
親分がメチャクチャ頭が切れて、
一筋縄ではいかない。

織田家あなどれず ・・・

それを証明したのが、
桶狭間の戦いだった。

1560年6月、
家柄、国力ともに、
天下人に最も近い今川義元が、
織田領地に攻め込むと、
連戦連勝、
織田方を圧倒した。
ところが、
雷鳴とともに形勢は逆転し、
あっというまに、
大将の今川義元が討ち取られたのである。

こうして、
織田信長は、
一夜にして、
全国区の大名にのし上がった。

ところで、
「信長の旅」の行き先だが ・・・
なぜ、
「安土」と「比叡山延暦寺」なのか?
2泊3日なら、このあたりが限界、
では身もふたもないので、
一応、理由をあげると ・・・

織田信長は、
生まれ育ちが尾張(名古屋)で、
自ら戦場に出向いたのは、
東は甲斐(山梨)の武田氏、
西は摂津(大阪)の石山本願寺(一向宗)、
北は越前(福井)の朝倉氏、
と、活動範囲は意外にせまい。

それに、
古戦場に行ってみたところで、
織田家の旗が立っているわけでもないし、
信長の跡形もない。

というわけで、
信長の名残(なごり)があるのは、
安土城跡と、
安土城天主のレプリカがある「安土」ぐらい?
信長の居城「岐阜城」も残っているが、
信長というよりは、
「斎藤道三」のイメージが強い。

では、
比叡山延暦寺は?

安土から近いから、
では身もふたもないので、
一応、理由をあげると ・・・

信長が征服した地は、
そのほとんどが、
信長の痕跡もない。
ところが、
比叡山延暦寺にはそれがある。
じつは、
痕跡どころか、
そのまま再建されているのだ。

だから、
根本中堂をはじめ、
再建された建造物を目に焼き付け、
目を閉じて、
これが信長に焼かれたのだ ・・・
と想像するだけで、
信長の時代にタイムスリップ、
というわけだ。

とまぁ、
よくわからん理由で、
安土と比叡山延暦寺に行くことにした。

ところが、本当は ・・・

延暦寺に行くのは、
「精進料理」を食べるため。

僕の父は、
普通の公務員だったが、
若かりし頃
福井県の永平寺によく修行に行った。
ところが、
2週間も精進料理を食べていると、
俗世の料理が、
不味くて食べられなくなったという。

精進料理は、
素材が野菜、豆類、穀類だけで、
肉類はナシ。
仏教では、
殺生が禁じられているからだ。
そのぶん、僧は、
不味い?素材をいかし、
できるだけ美味しく食べられるよう、
工夫を凝らしたのだという。

なので、
精進料理は、
一見不味そうだが、
慣れるとやみつきになる(らしい)。

実際、20年前、
延暦寺で食べた精進料理は絶品だった。
その熱い思い出を秘めて、
延暦寺まで行こうというのである。

ただ、
延暦寺会館のレストランに、
飛び入りで入ると、
選べるランチは1つだけ。
そこで、事前に、
「精進弁当(二段重)」と
「お子様弁当」を予約しておいた。
(見るからに美味そう)

さらに、おチビには、
信長公記」を読み聞かせ、
信長の恐るべき行状を伝え、
黒澤明監督の映画「影武者」を見せ、
まだ輝いていた頃の隆大介の
鮮烈な「信長像」を刷り込ませた。

カミさんは、以前、
安土城跡と比叡延暦寺に連れて行ったことがあるので、
事前準備はナシ。
そもそも、
僕が熱く語りだすと、
ロコツに嫌な顔をするので、
講釈する気になれない。
まぁ、
今回はおチビのため、
と割り切って出かけることにした。

by R.B

関連情報