BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・カジノ必勝法 2012.06.16

カジノフロアに入るやいなや、
同行したディレクターと新人が、
「わー、なにこれー」
と歓声を上げる。
(デカいと思っている)

言われるまでもなく、
ベネチアン・マカオ・リゾートのカジノは世界一。
東京ドーム1個分のフロアに、
スロットマシンが3000台、
ゲームテーブルが1000台が整然と並んでいる。
段差ナシの1フロアなのに、
端から端が見渡せない。
息をのむほどの広さだ。

そんなわけで、
カジノでは注意が必要だ。
「飲み放題」にうかれて、
酒を飲み過ぎると、
部屋に戻れなくなりますよ、
マジで。

ところが ・・・

不思議に「ダダッ広さ」は感じない。
フロアが人で埋めつくされ、
欲の熱気でムンムンしているから↓

Macao2012_Casino

ただし、
どこもかしこも人でいっぱい、
というわけではない。
ラスベガスで人気のスロットマシンはスカスカ。
人気があるのはテーブルゲームだけ。
しかも、そのほとんどが、
バカラ(カードゲーム)か、大小(サイコロゲーム)。
いわゆる、丁半バクチだ。

というのは、
中国人は丁半バクチ(系)が大好き。
そして、
カジノ客の8割が中国人。
よって、マカオのカジノは、
バカラ or 大小、一色というわけだ。

「バカラ」はトランプゲームで、
イタリア語で「破産」を意味する。
なんとも不吉な響きだが、
実際は ・・・

1980年、「ハマコー」こと浜田幸一元衆議院議員が、
ラスベガスで、4億6000万円すった。
さらに、2011年、
大王製紙の井川前会長が、
マカオで20億円すった。
これだけなら、アッパレ!
ですむのだが、
人様のカネを使ったことが問題になった。

とくに井川前会長の場合、
子会社から106億8000万円借りて、
そのほとんどを、
カジノで使ったという。
もったいないなー、
僕なら1億円は貯金しとくな。
そんな問題じゃないか ・・・

貧乏人の話はさておき、
大王製紙の創業家の御曹司ともなると、
人間の器が違う。
106億円見事に使い切ったわけだ。
しかも、
器とは関係ないけど、
東大法学部卒のイケメン。

そんなこんなで、
世間のひがみ、やっかみ、嫉妬、
(みんないっしょか)
ちょびっとの倫理観から、
集中砲火をあびた。

たしかに、
貸した方にしてみれば迷惑な話だし、
悪いのは重々承知だが、
人を傷つけよう、人を陥れよう、私腹を肥やそう、他人に責任を押しつけよう、
の意図が一切感じられない。
だから、
どこか憎めないのだ。

放射能をまき散らし、
広大な地域を壊滅させ、
首都圏まで避難寸前に追い込みながら、
世間のはるか上をいく給料を保ちつつ、
電力料金を平気で引き上げる東電のトップの方が、
よっぽど悪党に見える。
あの中国でさえ、
2011年の高速鉄道脱線事故の責任者は、
処分されたのに。
この手の重罪が放置されるのは、
日本ぐらいだ。

いや、日本でも、
世が世なら、
市中引き回しの上縛り首だろう。

あんな取り返しのつかないことをしでかしておきながら、
自責の念にかられない、
責任も問われないというのは、
この国のモラルと正義が崩壊している証拠だろう。
恥を知れ、
と言いたいのだが、
元々ないのだからどうしようもない。

話をもどしてバカラ。
バカラは、
バンカー(胴元役)とプレーヤー(客役)、
どっちが勝つかを賭けるゲーム。
客はゲームに直接参加しないので、
ブラックジャックのような賭け引きもないし、
ルールもシンプルだ。

では、バカラはなぜ人気があるのか?

1回の賭け金を大きくできるから。

そのぶん、
へこむとただではすまないが、
だからこそ、
バクチなのだ。

一方の「大小」は、
サイコロの出目を賭けるゲーム。
ルーレットのように、
いろんな賭け方ができるが、
最終的に、大か小か?
つまり、
丁半バクチに行き着く。

具体的には、
サイコロを3個ふって、
出目の合計が、
「4~10」 なら「小」、
「11~17」なら「大」、
そのどちらかに賭けるわけだ。

でも、
サイコロが3個なら、
出目は「3~18」なのに、
なぜ、「3」と「18」がない?
ぞろ目だから。

ぞろ目とは、
サイコロの出目が、
すべて同じ数字になること。
1~6の6パターンがあるが、
「3」は、「1」のぞろ目、
「18」は、「6」のぞろ目。

そして、
ぞろ目がでると、大小は関係なく、
親が丸取りする。
だから、
「3」と「18」は大小には入れないわけだ。
冷静に考えると、
このぞろ目ルールで、
胴元が圧倒的に有利なことがわかる。

ところで、
ウチのディレクターと新人だが、
あろうことか、
この「大小」にはまってしまった。
危険だと忠告すると、

「必勝法があるから、
大丈夫ですよ」
と、とりあわない。

その必勝法とは ・・・

最初に、「大」に1万円賭ける。
それに負けたら、賭け金を2倍にして(2万円)、「大」に賭ける。
さらに負けたら、賭け金を2倍にして(4万円)、「大」に賭ける。
つまり、
負けたら、賭け金を2倍にして、「大」に賭け続ければ、
いずれ、「大」が出て勝つ。
(確率1/2なので)
その時に、
過去の負け分をチャラにできるというのだ。

本当かどうか計算してみよう。
2回連続負けて、3回目に勝ったとする。
そのときの収支は、

支出=1万円+2万円+4万円=7万円
収入=4万円×2倍=8万円(勝つと賭け金が2倍でリターン)
収支=収入-支出=8万円-7万円=1万円
しめて、1万円の勝ち。

これは、
初回の賭け金が1万円で、3回目で勝利する場合だが、
初回の賭け金がいくらだろうが、
何回目で勝利しようが、
儲けは「初回の賭け金」になる → 必勝法の証明

つまり、
何回負けようが、
1回勝てば、取り戻せるわけだ。
一応、理屈はあっている。

ただし、
この必勝法には3つの問題がある。

第1の問題 ・・・ 資金が続かないと大損する。

「大」にしろ、「小」にしろ、
出る確率はほぼ1/2なので(ぞろ目があるので)、
5回もやれば、自分が賭けた目が出る、
と思うだろう。

ところが ・・・

今回の出張中、
ウチの新人は7回連続、
ディレクターは10回連続負けている(ぞろ目丸取りを含めて)。

そこで、1万円から初めて、7回連続負けたとする。
そのときの支出額は、
1万円+2万円+4万円+8万円+16万円+32万円+64万円=127万円!

ここで、やめれば、
127万円の負けが確定する。
とはいえ、
ゲームを続けるには128万円が必要だ。
もちろん、次に勝つとは限らない。
さあ、どうする?

もっとも、
手持ち資金が尽きれば、
是非もない。
127万円の負けでゲームオーバー。

ところが、
ほとんどの人が、
ここで止められない。
仲間に借金したり、
ガイドに借金したり(ガイドさんから直接聞いた)、
VISAカードからキャッシュをおろしたり、
地獄が始まるのだ ・・・
コワイコワイ。

第2の問題 ・・・ 大、小、どちらかに賭け続けることに意味はない。

たとえば、
「小」が10回連続して出れば、
次に、「大」が出る確率が高い、
と思うだろう。
ところが、それは錯覚。
次に「大」が出る確率は、
「小」が出る確率と同じ「1/2」(ぞろ目を無視)。

つまり、
過去の出目に関係なく、
「大」、「小」が出る確率は、
いつも「1/2」(ぞろ目を無視)。

だから、
「大」、「小」どちらかにしぼるのも、
毎回、テキトーに決めるのも、
数学的確率は同じなのだ。

ここで、
3回賭けた場合の、
全パターンの確率を計算してみよう。
ここで、「小→大→小」は、
1回目が「小」、2回目が「大」、3回目が「小」が出ることを意味する。
考えられるパターンは次の8つ。

1.「小→小→小」=1/2×1/2×1/2=1/8

2.「小→小→大」=1/2×1/2×1/2=1/8

3.「小→大→小」=1/2×1/2×1/2=1/8

4.「小→大→大」=1/2×1/2×1/2=1/8

5.「大→小→小」=1/2×1/2×1/2=1/8

6.「大→小→大」=1/2×1/2×1/2=1/8

7.「大→大→小」=1/2×1/2×1/2=1/8

8.「大→大→大」=1/2×1/2×1/2=1/8

つまり、
すべてのパターンは同じ確率「1/8」で起こる。
「大→大→大」と同じ目が連続する確率が低くて、
「小→大→小」とばらける確率が高い、
とは限らないのだ。

ちなみに、
上記の8つのパターンが起こる確率を全部足すと、
1/8×8=1
つまり、
この8つのパターンで、
起りうるすべてのパターンを網羅していることになる。

第3の問題 ・・・ 必勝法が途中でイヤになる

資金が続かなくなるのは、
1万円から賭けるからで、
1000円から賭ければいいのでは?
(一般的サラリーマンの場合)

たしかに、
1000円から賭け始めれば、
7回連続負けても、
12万7000円の損ですむし、
いつかは勝つだろう。
でも、
8回目に勝ったとしても、
儲けは1000円。

もちろん、
1回目に勝つこともあるだろうが、
それでも、
儲けは1000円。

ということで、
この必勝法の正体は明らかだ。

「負けが先行 → どこかで取り戻す → 儲けは1000円」

このループを延々と繰り返すわけだ。
これは賭けではなく、「作業」。
誰だって、イヤになる。

そこで、
堪忍袋の緒が切れて、
大金を賭けることになる。
たとえば、
標準的なサラリーマンなら、5万円。
ところが、負ければ、
「5万円=初回の賭け金」
となる。
すると、その後の賭け金は、
10万円→20万円→40万円→80万円→160万円→320万円→640万円→1280万円 ・・・
そのうち家が建つぞ。

どう考えても、
ハイリスク・ローリターン。
ところが、
バクチというのは、
本来、ハイリスク・ハイリターン。
だから、
カジノで必勝法が成立するはずがないのだ。

というわけで、
普通のサラリーマンが、
ハイリターンを狙うには、
1回目から、10万円賭けるしかない。
もし勝てば、
一撃で10万円儲かるからだ。
でも、負ければ、10万円の損。
もちろん、その後は、
20万円→40万円→80万円→160万→320万円→640万円→1280万円→2560万円・・・
もうやめよう。

ということで、
予算が10万~20万円なら、
1分程度でゲームオーバー。
わざわざマカオまで来て、
それはないだろう!
うけたまわりました。
では、
借金地獄でお待ちしております。

ということで、
田舎者 & プチ貧乏 & 小心者の僕には、
「大小」は手に負えない。
では、カジノで何をやるのか?
地道にスロットマシン!

ところが、
スロットマシンにも落とし穴がある。

スロットマシンは、
賭け金を指定すると、
リールが回って、
特定の絵柄の並びになると、
役が成立して、
5コイン~20コインが得られる。
もちろん、これだけなら、
ジリ貧。

そこで、
フリーゲームで息をつなぐ。
フリーゲームに入ると、
コインを減らさずに、
自動的にゲームが続行するので、
そこそこ、コインがたまる。
スロットマシンにもよるが、
5~10ゲーム続く。

ただし、
フリーゲームだけで勝つのは難しい。
元金の2倍がせいぜいだろう。
わざわざ、カジノまで来て、
「1万円 → 2万円」
を目標にする人はいない。

ということで、
みんなが狙うのが、
「ジャックポット(大当たり)」だ。

スロットマシンは、
それぞれ、
お客から吸い上げたお金をため込んでいるが、
その総額が表示されている。

「ジャックポット」とは、
その総額を丸取りする「大当たり」のこと。
一撃で、数十万~数百万円稼げるわけだ。
実際、ウチの会長は、
去年、ジャックポットを当てて、
60万円ゲットしている。

ところが ・・・

そのマカオ大好きの会長は、
ジャックポットを当てた時以外は、
毎回、25万円前後負けている。

さて、ここが肝心 ・・・

超レアなジャックポットを当てたにもかかわらず、
トータルでは負けているのだ!

なぜか?

理由は2つある。

ジャックポットを当てるには、
賭け金を「Max Bet(最大掛け率)」にしないとダメ。
だから、
ジャックポットを狙えば、
負けた時の損金も大きいのだ。
というわけで、
せっかく、ジャックポットで大金つかんでも、
過去に負けた分、未来に負ける分でチャラ。
(チャラですめばいいが)
これが、第1の理由。

第2の理由は確率。

カジノは、
「胴元が勝つ確率が高く」設定されている。
なので、
長くやればやるほど、
トータルでの勝ち目はゼロに近づく。
(低くなるのではなく、「ゼロ」)

具体的に説明しよう。

コインを投げて、
裏表を競うとする。
表と裏が出る確率は、
それぞれ、1/2だが、
10回程度では、
表が7回、裏が3回、
もありうるだろう。

しかし ・・・

1万回やれば、
表と裏は、
それぞれ、5000回あたりでおさまる。
そうでなければ、
何か仕掛けがあるのだ。

つまり、
長くやればやるほど、
現実は数学的確率に近づいていく。

カジノも同じで、
長くやればやるほど、
「現実=数学的確率 → 胴元が勝つ」

もちろん、
スロットマシンでいきなり、
ジャックポットを当てて、
二度とカジノに足を運ばなければ、
大勝ちだ。

だが、
これで味をしめて、
常連になれば、
確率が支配する世界に引きずり込まれ、
結局は、
ジャックポットの勝ち分まで失うことになる。

逆に、
長いことやっていれば、
ジャックポットを当てることもあるだろう。
だが、そこで得た大金は、
それまでに失った額に満たない可能性が高い。
そして、それを繰り返せば、
間違いなく、
「ジャックポットで得た金額 < それまでに失った金額」
(高校の数学「期待値」で計算できる)。

ということで、結論。

スロットマシンの王道、
ジャックポット狙いは、
長い目で見れば、
必ず負ける。
たとえ、ジャックポットを当ててもだ。

繰り返すが、
カジノはやればやるほど、
客の勝ち目(トータルでの)は、
ゼロに近づいていく。

そして、
それを裏付ける別のデータもある。
マカオのカジノの元従業員から聞いた話 ・・・

・カジノでは、70%の人が「ある時点」で勝っている。
・ところが、その90%の人が、最終的に元金まで失う。

ということは ・・・

引き際さえわきまえれば、
勝つ可能性は十分ある!

今回の出張前、
カジノ大好きの旅行代理店の社長から、
カジノ必勝法?を伝授された。
彼は、先月、
香港でカジノを5件ハシゴして(ブラックジャック)、
全勝したという(初めてらしい)。
そのコツというのが、
「少し勝ったら止める」

ということで、カジノは ・・・

・長期戦に勝ち目はない。大勝しても最終的には負ける。
・引き際をわきまえれば、勝てる(かも)。

さて、
方針が決まったところで、
いざ、出陣。

カジノの両替窓口で、
10万円を香港ドルに両替する(HK$ 9420)。
すると、
金額が多いと思ったのか、
係員が、
「香港ドルから日本の円には交換できませんよ」
と忠告してくれる

たしかに、
僕みたいなフツーのサラリーマンなら、
2~3万円両替して、
負けたら、都度、両替するほうがいい。
「香港ドル → 日本円」
の両替レートが悪いので。
でも、
5万円は負けるだろうし、
社員2人に晩飯をおごらないといけないし、
土産もあるし、
メンド~、と思ったのだ。

基本、カジノでは、
「香港ドル → 日本円」
はムリだと思ったほうがいい。
もし、香港ドルがあまったら、
帰りに香港空港で交換するのがベター。
レートは悪くないし、
手っ取り早いからだ。
(マカオ通貨パタカはダメ)

もっとレートの良い方法もあるが、
慣れていないと面倒。
ただ、
日本に帰国後、
銀行で両替するのはお勧めできない。
両替してくれる銀行は少ないし、
両替レートも最悪なので。

HK$ 9000を握りしめて、
スロットマシンコーナーに行く。
ジャックポットを狙う気はないので、
表示された金額には目もくれず、
勝てそうな台を、
霊感?に頼って決めた。

1000ドル札(1万円)をツッコミ、
ゲーム開始。
いきなり、
フリーゲームが連チャンして、
5分で、1900ドルに。

いくらなんでも、
ここで止められんわ、
と初心を忘れ、
ゲームを継続。
1500ドルにまで減ったとき、
我に返って、
「Collect」ボタンを押す(精算)。
キャッシュチケットを取って終了。
この時点で、
HK$ 476(4800円)の勝ち。

30分しか経っていないので、
もう1台やろうと決心。
再び、スロットマシンを物色。
G2Eの展示会でみかけた台があったので、
話のネタにするため、
台の前に座る。
1000ドル札をインサートして、
ゲーム開始。

ところが ・・・

たちまち、
HK$ 1000 → HK$ 700

やけに減りが早いぞ?
賭け金が1ゲーム HK$ 30(300円)になっているのに気づく。
あわてて、
1ゲーム HK$ 7(70円)にもどす。

やがて、
フリーゲームに突入。
ところが、
この台はフリーゲームが終わると、
「勝利を確定しますか?それともギャンブルしますか?」
と聞いてくる。

初めは、「勝利を確定」を選んでいたが、
この台はフリーゲームだけでは勝ち目がないことがわかった。
そこで、
次のフリーゲームから、
「ギャンブル」を選択。

「ギャンブル」のルールは、
赤、黒どっち?
つまり、丁半バクチ。
勝てば、フリーゲームで獲得した金額が2倍になる。
負ければ、フリーゲームで獲得した金額はすべて没収。

ところが、
3回フリーゲームに入るが、
3回とも、1回戦で負け。

そして ・・・

次のフリーゲームで、
HK$ 200獲得し、
ギャンブルに挑戦、
初めての勝利した。
その結果、
HK$ 200 → HK$ 400。

ところが、これでも負けている。
そこで、
ギャンブル第2回戦に挑戦し、再び勝利。
獲得金額は、
HK$ 400 → HK$ 800。
これでトントン。
ところが、なぜか、
次も勝つような気がした。

そこで、
3回目のギャンブルに挑戦して、勝利!
獲得金額は、
HK$ 800 → HK$ 1600(1万6000円)。
3回連続勝つ確率は1/8なので、
こんな事象は長くは続かない。
そこで、
「Collect」ボタンを押して精算。
キャッシュチケットを受け取った↓

Macao2012_CasioCashTicket

プレイ時間は1時間半、
元金HK$ 1000で、
HK$ 2141の儲け(約2万2000円)。
マカオまで行って、2万円勝った?
バカじゃないのか?
僕もそう思う。

でも、ここが肝心なのだが、
勝たないと、
負けるわけだし、
負けると、
10万円ではすまないのがカジノ。
だから、
2万円の勝ちは、
2万円以上の価値がある(と思う)。

そして、翌日、
それが事実であることを、
あらためて思い知らされた。

【必勝法の証明】

「賭け金を2倍にして賭け続ければ、勝った時、負けた分を取り戻せる」証明。
(高校の数学「等比数列」を用いる)

 初回の賭け金をa円とすると、
n回目の賭け金は、初項「a」、公比「2」とする等比数列なので、
n回目の賭け金=a×2・(n-1)乗 (n=1、2、・・・)

n回までの賭け金の合計は等比数列の和(等比級数)なので、
n回までの賭け金の合計=a(1-2・n乗)/(1-2)=a(2・n乗-1)・・・①

ここで、
n回目に勝ったとすると、
獲得金額は賭け金の2倍なので、
獲得金額=2×a×2・(n-1)乗=a×2・n乗・・・②

①と②から、
獲得金額-賭け金の合計=a×2・n乗-a(2・n乗-1)=a

つまり、
初回の賭け金がいくらだろうが、
何回目で勝とうが、
儲けは「初回の賭け金」になる。

by R.B

関連情報