BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■マカオ再び・G2E(カジノ展示会) 2012.06.09

日があらたまって、5月24日。
今日は「G2E ASIA(カジノ展示会)」の見学だ。

ベネチアン・マカオ・リゾートの
ビュッフェ「カフェ・デコ」に行き、
朝食をとる。

カフェ・デコは、
バイキングスタイルだが、
日本のホテルとは勝手が違う。
自分で席を選べないのだ。
入り口に、
可愛くて無愛想な女性係員がいて、
朝食券をみせると、
席まで案内してくれる。

元が可愛いので、
笑顔をつくるだけで、
ずいぶん違うと思うのだが、
惜しいなぁ。
まぁ、ただ、
日本人なら、
笑顔はつくれるだろうけど、
元が元なので(失礼)、
どちらがいいかは、微妙。
(これで日本人の半分に嫌われたぞ)

カフェ・デコの朝食は、
6時半から10時半までだが、
9時を過ぎると待ち行列ができる。
なので、
待つのが苦手な人は、
8時前 or 10時以降がいいだろう。

料理は、
中華料理とインド料理があって、
日本のホテルより品が豊富。
しかも、
味付けが日本に近いので、
あたりはずれがない。
中華はもちろんだが、
インド料理もとても美味しい。

今回試したのは、
マカオ式ちまき(蒸したてで、モチモチ:左下)
インド式チャーハン(香ばしくて、スパイシー:中下)↓

Macao2012_Viking

あたりを見渡すと、
去年同様、ほとんど中国人、
たまにインド人。
ところが、
今回は日本人が多い。
(暗くて表情が無い&日本語)

隣の席に、
65歳ぐらいのおばさんグループがいて、
スロットマシーンを熱く語り合っている。
退職した学校の先生だろう。
僕の一族は教員が多いので、
すぐにわかる。

少し離れて、
60歳ぐらいの老夫婦がいる。
夫がリタイアしたのを機会に、
夫婦でマカオ旅行、
という感じ。
先のおばさんグループと挨拶していたので、
同じツアーなのだろう。
黄昏ゆく人生の一時を、
マカオでマッタリ過ごす。
そんな優雅な時が、
僕に来るのだろうか?

朝食を終え、
G2E ASIAの見学に向かう。
会場は、
宿泊しているベネチアン・マカオ・リゾート。

ホテルで大展示会?
イエス!
ベネチアン・マカオ・リゾートは、
1階に、
東京ドーム1個分のカジノ、
複数の大展示会場、
シルク・ド・ソレイユ「ZAIA」の会場(既に終了)
3階に、
巨大ショッピング街、
さらに、
客室3000室を包含している。
大きさが頭で描けない、
想像を絶するスケールだ。

G2Eは、
カジノ遊技機の展示会だが、
誰でも見ることができる。
事前に、インターネットで予約すれば、
メールで識別コードを送ってくる。
それを印刷して、
会場で提示すればOK。
もちろん、無料。

ウチのディレクターと新人を連れて、
G2Eの会場に入る。
ざっと見た感じ、
去年と大して変わらない。
というのも、
カジノのスロットマシンは、
日本のパチスロと違って、いたってシンプル。
ゲーム性をスポイルして、
バクチに徹しているわけだ。
なので、
変わりようがない。

さて、
G2Eのお楽しみはコスプレ。
去年は楊貴妃だったが、
今年は西遊記↓

Macao2012_G2E

「Take a picture, together, OK?」
なんて、ムチャクチャな英語でも、
孫悟空や三蔵法師といっしょに、
撮影に応じてくれる。

日本のメーカーでは、
アルゼとコナミが出展していた。
一番、目立ったのは、
やはり、王者「IGT」。
スロットマシンの大手で、
カネにあかせた版権モノが多い。
一方、小さなメーカーは、
版権料を払う余裕がないので、
オリジナルが多い。

ただ、
日本のパチンコ・パチスロ業界のように、
版権モノ一色ではなく、
オリジナル作品も多い。

版権モノに頼らないのは、
業界が元気な証拠。
業界が斜陽化すれば、
リスクをおかせないので、
台数が見込める「版権モノ」に集中する。
それが、
今の日本のパチンコ・パチスロ業界だ。

IGTで、目立ったのは、
マイケルジャクソンのスロットマシン。
コスプレのお姉さんと並んで展示されていた。
死してのちも、
まだお金を生みつづけているわけだ。
さすが、スーパースター↓

Macao2012_G2E_2

液晶画面のサイズに注目↑
日本のパチンコ・パチスロではありえない巨大さ。
原価はいくら?
版権料はいくら?
などと、
商売人面して凝視していると、
説明員がすり寄ってきた。
マカオ人、中国人とおぼしき女性。

「ワタシ ギョウカイ ノ  ヒト ナイデス」
と言いたかったのだが、
英語が思い浮かばない(中国語も)。
でも、よく見ると、
チャーミングな女性だ。
そこで、気が変わって、
話を聞くことにした。

ところが、
言葉がほとんど聞き取れない。
マカオ人、香港人、中国人の英語は、
なまりが強く、
メチャクチャ速い。
正直、欧米人の英語のほうが、
よっぽど聞き取りやすい。
実際、会場で、
欧米人が彼らの英語を聞き取れない状況を、
何度か目撃した。

でも、まぁ、
それは大した問題ではない。
なにはともあれ、
笑顔が可愛いので、
わかったフリをして、
最後まで話を聞いてあげた。

IGTの版権モノは、
他に、エルヴィス・プレスリー、
映画の「ティファニーで朝食を」、「ゴーストバスターズ」、
が展示されていた。
旬を過ぎた版権が多いのは、
安く買えるから。

とはいえ、
これほどメジャーな版権を買えるのは、
カジノ業界、
日本なら、7号業界(パチンコ・パチスロ)ぐらい。
コンテンツの世界もカネ次第、
というわけだ。

会場をウロウロしていると、
面白い遊技機を見つけた。
全面液晶で、
ビンゴゲームのアレンジらしいのだが、
ルールが全然わからない。
すると後ろから、

「May I help you?」

振り返ると、
凄い美人が立っている。
ペルシャ系?
目が透き通るようなブルーで、
身体ごと吸い込まれそうだ。
いっそのこと、吸い込まれようと、
業者のフリをして、
話を聞くことにした。

ところが、
こっちの英語もサッパリ。
あんなに英語勉強しているのに、
なんでだ?
情けない ・・・

でも、まぁ、
説明はどうでもいいわけだし、
あの神秘の目に吸い込まれようと、
顔ばかり見ていた。
すると、
それに気づかれ、

「Do you have any questions?」

質問もなにも、
話、ゼンゼン聞いてないんですけど、
とも言えないし、
途方にくれた顔をつくって、

「Sorry, very difficult for me!」

と応えると、
この美人も困った顔をして、
肩をすくめてみせた。
その困った顔が、
これまたグッとくるのだ。

よし、ここで気の利いたセリフ!
と、脳をフル回転させたが、
何も浮かばない。
あ~、何のために英語を勉強しているのだ?
情けない ・・・

同行したディレクターと新人も、

「中国人って、美人でスタイルいいっすねぇ~」

と、キョロキョロしている。
おいおい、何を見とるんや。
人のことは言えんが。

3時間ほど会場をウロついていると、
腹が減ってきた。
時計をみると午後1時。
美人ばかりチェックしていて、
遊技機のことも
腹が減るのも忘れていた。

ということで、
会長には、
「G2Eは去年と変わりませんでした」
と報告するしかないな。

ベネチアン・マカオ・リゾートには、
免税店の他に、
レストランがたくさんある。
新人がベトナム式ヌードル「フォー」を食べたいというので、
3階のレストラン街に行った。

ところが、
フロアが広大なうえ、
マップが超分かりにくい。
なので、
ピンポイントで目的地に行くのはムリ。
そこで、
あいまいな記憶を頼りに、
行き当たりばったり探す。
(実際、これが一番早い)

最近、
フォーは日本でも人気だが、
言うほど美味いものではない。
一言でいうと、
サッパリして、辛く、コクがない。
「日本式」フォーのほうがうまいかも(食べたことはないが)。
ということで、
一度食べれば十分かな。
具によって、値段が違うが、
500円~700円というところ。

腹もふくれ、
一息ついたので、
カジノで一勝負することになった。

去年は、
4時間の死闘の末、
1万円負けている。
だけど、
僕はバクチに執着はないし、
そこそこ楽しめれば十分。
でも、負けるより、勝つほうがいいな、
程度のテキトーなモチベーションで、
カジノへ向かった。

by R.B

関連情報