BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■大河ドラマ・平清盛がコケた理由 2012.05.13

NHKの大河ドラマ「平清盛」が大コケらしい。
平均視聴率は14.5%で、
歴代最低記録に肉薄 ・・・
NHKにとって笑いごとじゃない。
(僕は笑ってません)

モチーフは誰もが知る「平清盛」、
キャストは他局ではありえない豪華さ、
予算も潤沢だろうし(天下のNHKだぞ)
・・・
一体、何が悪いのだ?

じつは、
大河ドラマ「平清盛」は、
初めからケチがついた。
兵庫県の井戸知事だ。
いわく、
「画面が汚い。
鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならない。
番組の人気で観光も影響を受ける」

言いたい放題だが、
井戸知事にも事情がある。
じつは、
平清盛の最初の拠点は兵庫県にあった。
だから、
兵庫県知事としては、
大河ドラマ効果で、
「観光客増 → 税収増」
をもくろんでいるわけで、
当事者のNHKより、
視聴率が気になるのだ。

ところで ・・・

画面は本当に汚い?
汚い!
見るに堪えないほどではないが。

ところが、
NHKのプロデューサーは、
「時代のリアリティを出すため」
と反論したが、
これはまずかった。
矛盾しているので。

この時代、
建物や人の身なりは汚れていただろうが、
自然は今よりずっと美しかったはず。
ところが、
画面を見ると、
自然まで薄汚れている。
リアリティはどこへいった?

まぁ、
映像全体にあんなエフェクトかければ、
人や人工物だけでなく、
空気まで薄汚れてあたりまえ。
それにしても、
下手くそなエフェクトを、
「リアリティ」と言い切るのは、
プロとして、どうなのかなぁ。

それに、
百歩譲って、
「汚いリアリティ」に固執するなら、
未整備な下水道 ・・・
ウンコやおしっこもちゃんと再現したら?
そうしないのは、
視聴者に不快感を与えたくないから?
はぁ~、どっちやねん、
と、ここでも矛盾。

本来、
ドラマは人に観ていただくもの。
だから、優先順位は、
気持ち良さ>リアリティ。
が常識。
ターゲットは、
カンヌ映画祭じゃなく、
茶の間で観る大河ドラマでしょう。

NHKのプロデューサーとあろうものが、
そんなこともわからない?
(ちょっと言いすぎたかな)

僕は、
今どきの韓流ブームを、
由々しき事態だと思っているが、
歴史ドラマは感心している。
最近、秋葉原の中古店で、
歴史韓ドラ「朱蒙(ちゅもん)」の中古DVD BOXを買ったが、
マジでよくできている。

ストーリーも面白いが、
映像が鮮やかで綺麗。
特に、衣装は息を呑むほど美しい。
これを見て、
2000年前にあんな衣装があるわけがない、
リアリティがないからサイテー、
と非難する人はいないだろう。

NHKの制作者は、
ここを見習うべきだ。
大河ドラマは、
史実にこだわるドキュメンタリーではない、
エンターテインメントなんだから。

もっとも、
NHKにしてみれば、
画面が汚いだけで、
ドラマを全否定されてはたまらない。
中味が良ければいいじゃないか?
そのとおり!

で、実際のところ、
どうなのだ?

まず、キャスティング。

松山ケンイチ(平清盛)、
伊東四朗(白河法皇)、
三上博史(鳥羽上皇)、
井浦新(崇徳上皇)、
松田翔太(後白河法皇)
・・・
こりゃ凄いわ。
これなら演技はOK?

それが ・・・ パッとしないのだ。

個々に見ると、
悪くないのだが、
観ていてつらくなる。

なぜか?

みんな、
われもわれもと、
パワー全開で、
画面がいつも張り詰めている。
だから、
息苦しいし、
リアリティもない。
「芸」なのに、
芸がないわけだ。

だいたい、
主役がはれる役者ばかりそろえてどうする?
ブラッド・ピット、
トム・クルーズ、
ジョニー・デップ、
ブルース・ウィリスに、
目いっぱい演技させたら、
どんな映画になるのだ?
船頭多くして船山に登る ・・・

つまり、
役者ではなく、制作側の問題なのである。

結局、
2、3話観てやめてしまったが、
視聴率が低迷しているというので、
原因を見きわめようと、
じっくり、観ることにした。

その結果 ・・・

このドラマをダメにした真犯人がわかった。
演技でも、画面の汚さでもない ・・・ 脚本。

もっと、はっきり言うと、
このドラマはエンターテインメントのルールを忘れている。
映画もTVドラマも脚本できまる、
という大法則だ。
だから、
制作者が悪いというより、
脚本家の選定ミス。

NHK大河ドラマの歴史をふりかえると、
最高のヒット作は、
「独眼竜政宗」(1987年)。
あれは、たしかに面白かった。

役者は、
勝新太郎、渡辺謙、津川雅彦 ・・・ と名優ぞろいだが、
力まず、自然体なので、
演技が映えた。
役者がコントロールされているのだ。
もちろん、
一番の立役者は、
ジェームス三木、
つまり、脚本。

「独眼竜政宗」は、
モチーフが戦国時代なので、
行きつくところ、
命の取り合い、国盗り合戦だ。
だから、本当は、
ドロドロしていて、血なまぐさい。

それはそれで、
ジェームス三木は、
きっちり描いているのだが、
要所要所に、
ジョーク(笑い)を散りばめている。
それがスパイスとなって、
どこか明るくて、風どおしがいい。

しかも、
「独眼竜政宗」は、
戦国時代をモチーフにしながら、
テーマは、
「人間の泣き笑い」。
じつは、
これが映画・ドラマの成功の方程式なのだ。

僕も視聴者も、
自分では作れないけど、
何が面白かは知っている。
それが、
制作者にとっての厳しい現実。
まぁ、そういうことだ。

そして、
「面白さ」を制御できるのは、
「脚本」だけ。

たとえば、
最近、NHKで
高視聴率を記録したドラマがある(過去8年間で最高)。
朝ドラの「カーネーション」だ。
じつは、
僕はこれにはまった。

主人公は、
ファッションデザイナー「コシノ3姉妹」を育てた母だが、
大阪・岸和田の洋装店の店主で人生を終えているので、
物語としては地味。

ところが、
ひたすら面白い。
テンポがいいし、
泣き笑いがフルスロットルだし、
明るいし、風どおしもいい。

つまり、
脚本がいいのだ。

もちろん、
役者にもめぐまれた。
そこは、NHKのこと、
ギャラに困ることはないから。

とくに、
主役の尾野真千子の演技は秀逸だった。
ネイティブな関西弁をまくしたて、
気丈で、攻め一本の泣き笑い人生を
見事に演じている。
たぶん、
彼女の人生で、
これ以上のはまり役はないだろう。

さらに ・・・

舞台となった岸和田の商店街が最高!
昭和初期の街並みなので、
本当は、古くて汚いはず。
「平清盛」なら、
リアリティとかなんとかで、
映像を汚すのだろうが、
「カーネーション」の商店街は、
住んでみたくなるほど、魅力的。
うまく言えないが、
独特の「美」があるのだ。
だから、
古いから汚い、というのは、
子供の論理。

ということで、
朝ドラ「カーネーション」最高!
そして、
脚本家「渡辺あや」に脱帽だ。

脚本が命、
の証拠はまだある。

名匠スティーヴン・スピルバーグの話だ。
SFドラマ「Lost」、「フリンジ」をあてて、
絶好調のJ・J・エイブラムスに焦りを感じたのか、
あのスピルバーグが、
SF TVドラマを制作したのだ。

もっとも、
スピルバーグは、
TV ドラマが初めてというわけではない。
過去には、
TVアニメも制作している。
たしか、タイトルは「インヴェイジョン」だったが、
あれはマジで面白かった。

それはさておき、
スピルバーグのTVドラマ最新作だが、
タイトルは、
「Terra Nova(テラノバ)~未来創世記~」。

ネタはありがちだが、
ひとひねりしてある。
2149年、人口爆発と大気汚染により、
地球は危機的状況にあった。
そこで、
たまたま見つかった時空の裂け目を通り、
8500万年前の白亜紀に人間を送り込む。
そこで、コミュニティをつくり、
恐竜や反逆者と戦いながら、
歴史を変えようというストーリーだ。
だから、
ネタ(原作)は悪くない。

ところが、僕は、
4話見てやめてしまった。
つまらないから。

アメリカでも視聴率は低迷し、
第2シーズンが危ぶまれている。
特に、脚本は、
集中砲火をあびてボコボコ。

これは僕も同感だ。

ストーリーは、
中途半端に「おこちゃま」スペックで、
子供も大人も楽しめない。
イベント振り分けが悪いので、
トートツ感はあるが、
ワクワク感はない(これって最悪)。

しかも、
セリフが、ものすごく陳腐。
たまに恐竜が走り回るので、
気晴らしにはなるのだが。
見るBGMか?

ということで、
たしかに、脚本は悪い。
では、スピルバーグは悪くない?
そうでもない。

じつは、テラノバには、
脚本の他に、
致命的な欠陥がある。
演出が”古い”のだ。

僕は仕事がら、
海外ドラマをよく観る。
エンターテインメントの最先端をいっているからだ。
というわけで、
TVを観て気にいったら、
あるいは、
amazonで評価が高かったら、
Blu-rayかDVDのBOXを買い、
一気に観る。

そんな習慣で、
気づいたことがある。
映画にしろ、ドラマにしろ、ゲームにしろ、
”古い”は致命的なのだ(古典作品は除く)。
ストーリー以前に、
画面を見る気がしなくなるから。

さて、
NHK大河ドラマ「平清盛」に話をもどそう。
1.画面が汚い。
2.演技に芸がない。
3.脚本が悪い(セリフが陳腐、分かりにくい、どこか暗くて、風どおしが悪い)
4.やや古い

だから、みんなダメ。

 ただし ・・・

NHKの大河ドラマだから、
見る目が厳しいのであって、
ふつうに見る分には、
そんなでもない。
(僕はもう観ないけど)

そんなこんなで、
エンターテインメントは、
非難するのは簡単だが、
作るのは難しい。

ということで、NHKさん、
つぎは、
「カーネーション」みたいの作ってね。

by R.B

関連情報