BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■台風と本屋 2009.10.08

大阪の得意先に、
挨拶に行くことになった。
社長が、ひさしぶりに、
得意先の社長の顔が見たいという。

金沢から大阪まで、2時間半。
ずいぶん、近くなったものだ。
ただ、
台風18号が接近中というニュースがあり、
イヤな予感がした。

行きは何の問題もなく、
大阪に到着。
そのまま、得意先に入り、社長に挨拶。
その後、担当役員と景況について話をした。

どこそこの会社がつぶれたとか、
近々、つぶれそうだとか、
どこそこの社長が切れて、
業界で孤立したとか ・・・
まあ、こんなご時世なので、
ロクな話はない。

面談の後、
担当役員といつもの韓国料理店へ。
鶴橋にあるこじんまりした店なのだが、
とにかく安くてうまい。
ビール飲んで、たらふく食って、
一人4000円ちょっと。
とくに、鍋は絶品。
こんなうまい鍋は食べたことはない。

担当役員に、
「韓国料理って、うまいですねぇ」
と言うと、
「これ、日本料理ですよ」
と白い目でみられた。
素の韓国料理は、
日本人にはムリ、とのこと。

ホテルに帰って、TVを入れると、
台風一色。
PCを起動し、台風のコースを確認すると、
翌朝、大阪は暴風圏内 ・・・ 最悪。
JRは、まず動かないだろう。

翌朝10時、ホテルをチェックアウトし、
大阪駅に行く。
金沢行きの特急は、すべて運休 ・・・ やっぱり。
阪急三番街で、うどんを食って、
再び、大阪駅へ。

次に出る特急はいつ?
と駅員に詰めよると、
16時42分のサンダーバード5号だという。
5時間も足止め?
ここで、
別行動の社長のことを思い出した。

社長のケータイにCall。
「社長、今どこですか?」
「今、米原」
「えー、どうやってそこまで行ったんですか?」
「在来線を乗り継いで、ここまで来た」
さすが、昔の人は根性がある。
僕は、ゆっくり特急を待つことにした。

いい機会なので、
大学時代、よく行った旭屋書店に行くことにした。
カンを頼りに、フラフラ行くと、
すぐに旭屋書店を発見。
あれ、こんな小さかったっけ?

今では、大きな本屋とはいえないが、
相変わらず、ミリタリーものは品揃えがいい。
書籍とコミックがいっしょくた、
というのは気になるが。
5時間もあったので、
本屋にあるすべてのタイトルを確認できた。

大学時代、
貧乏だったので、
時間つぶしは、たいてい本屋だった。
それに、
田舎者の僕にとって、
本屋は「知の王国」だった。

棚に並んだ無数の本には、
未知の知識、
ドキドキする真実、
ワクワクする物語が、
記されているに違いなかった。
古代のアレクサンドリア大図書館をだぶらせ、
1人で興奮していた。
そして、そのココロは、
今でも変わらない。

人間の文明は、
ひとえに、文字のおかげである。
ところが、
活字離れがすすみ、
今では、マンガ離れまで起きているという。
原因は、おそらく、
TVゲームとケータイ。
世界中が、
単純な刺激と、
たわいもないおしゃべりに夢中になっている。
読書は忘れられ、思考は停止。

パスカルは、
「人間は考える葦(アシ)である」
といった。
では今、
地上を闊歩している生き物は何者?

by R.B

関連情報