BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

スモールトーク雑記

■人生 2009.08.26

人生を数式で表してみた ・・・ 365日×70年
けっこう、さびしい。
1日1日を大切に生きよう、
と悔い改めたいところだが、
人生、そんなカンタンではない。

毎日、あれやこれやで自転車操業、
しかも、リアルタイム。
こぐのをやめた瞬間、
僕の世界は消える。
日々をかみしめているヒマなどない。

貧乏ヒマなしの僕にとって、
仕事と家族に連結された僕にとって、
列車の旅は、唯一解放される瞬間、
人生をかみしめる時空だ。

辛かったこと、
楽しかったこと、
どうでもよかったこと、
来ないかもしれないけど、未来のこと。
人生をそしゃくするとても重要なひとときだ。
手元にいつも、モレスキンの手帳をおいて、
思考のすべてを記録している。

今日の旅は、
いつもの東京出張。
車窓は、鉛色の海から、深緑の山景をへて、
息詰まる人口密集地へ。
いよいよ、東京だ。

列車から降りた瞬間から、
戦いが始まる。
僕にとって、東京は戦場だ。
恐ろしいことに、
少年時代に身につけた、
「自然の気配」から位置を特定する技は、
東京では通用しない。

東西南北360度、
空間を切り裂くビルの群れ。
自分がどこにいるのかわからない。
自分の居場所を記号でしか認識できない世界は、
ほんとうに恐ろしい。

町を歩けば、灼熱地獄。
太陽光は、散光のはずなのに、
粒子ビームのように肌を突き刺す。
くわえて、
36度5分の無数の生物発熱機が道を行き交う。
僕もその一人だけど。

ビルの室外機がはき出す熱風は、
36.5度より高い、低い?
どうでもいいことだが、気になる。
もし、
「熱風の温度 < 36.5度」 なら、人間の存在は、ビルの室外機より「悪」だ。 東京は、立っているだけで、 命が大地に吸い取られていく。 こんな場所には長くはいられない。 仕事をさっさと終えて、 宿に逃げ込むとしよう。

by R.B

関連情報