BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第462話) 14世紀のペスト(2)~世界的大流行と終息~

カテゴリ : 歴史社会

2020.11.28

14世紀のペスト(2)~世界的大流行と終息~

■人類と疫病の歴史

人類と疫病のつきあいは深くて長い。

人類(ホモ・サピエンス)は、30万年前アフリカに誕生した。29万年の狩猟採集をへて、紀元前1万1000年には、植物栽培がはじまった。農耕と定住がすすみ、集落から都市へと発展していく。そこで人類は「疫病」のリスクに直面する。農耕には不作はつきものだが、狩猟採集民のように、気軽に移動できない。もし飢饉がは発生すれば、栄養不良におちいり、免疫力が低下、疫病が発生する。しかも、都市は過密化しているから、パンデミック(広域大流行)に発展しやすい。人類と疫病(感染症)の戦いが始まったのである。

疫病は人類にとって、災厄以外のナニモノでもない?

とは限らない。じつは疫病は自然の摂理という説があるのだ。18世紀末、イギリスの経済学者マルサスが、自著「人口論」で提唱した。人口が増えて、「人口>>食糧」になると、疫病が流行し、人間を間引くというのだ。結果、「人口=食糧」で秩序が保たれ、環境に優しい?

間引かれる方はたまりません!

さらに、ウィルスが人間にとってプラスという説もある。ウィルスが人間の遺伝子に作用して、人間が進化するというのだ。でも、遺伝子の変異に方向性はないから(中立進化説)、進化するとは限らない。劣化することもあるのでは?なんて悠長なことを言っている場合ではない。自然は、個体を犠牲にしてまで、遺伝子を変異させると言っているのだ。個々の命より、遺伝情報の方が大事!?

これは、ちまたに流布する怪しい陰謀論ではない。生物学者ドーキンスが、自著「利己的な遺伝子」の中で、堂々と述べている。その内容は衝撃的だ。人間の個体には寿命があるが、遺伝子は子子孫孫、個体を乗り換えて生き続け、不老不死。じゃあ、人間の個体は遺伝子の運び屋、ポイ捨ての消耗品!?

身もフタもない話だが、辻つまはあっている。

というわけで、人間が同意しようがしまいが、「疫病は自然の摂理」は一理ある。とはいえ、14世紀のペストは、有史以来最悪のパンデミック(世界的流行)だった。地球上の人口が4億5000万人の時代に、1億人が死んだのだから。治療を試みても30%~60%が死に、放置すれば確実に死ぬ。グロスで、致死率60%~90%という凄まじさ。

でも、それは700年前の話。現代を生きるボクたち、ワタシたち関係ないもんね?

ペストは近年でも発生している。

抗生物質で治療すれば、致死率は10%だが、治療しないと60%~90%が死ぬ。つまり、700年前とかわらない。恐ろしい話をしている。医学の発達した現代でも、医療崩壊が起これば、暗黒の中世に逆戻り。ペストではなく、新型コロナの話だ。連日、感染最多記録を更新しているのに、のんきにGoToキャンペーン・・・大丈夫か?

■GoToキャンペーンの正体

2020年11月、新型コロナ・パンデミックが加速している。昨年、中国の武漢で発生して1年経過したのに、終息する気配はない。欧米では、すでにロックダウンが再始動した。

一方、日本も第3波が襲来。感染が急拡大し、不要不急の外出の自粛を要請する地方自治体もある。ところが、政府はGoToキャンペーンで、旅行・外食しましょう!

どっちやねん?

日本医師会の中川会長も、医療崩壊が近づいていると警告。今、最も恐れるべきは医療体制の崩壊だろう。医療崩壊がおこれば、暗黒の中世に逆戻り、死者が急増するのは明らかだ。現実に重傷者と死者が増え、医療現場も悲鳴をあげている。ところが、政府はGoToキャンペーンで旅行を愉しんでね・・・

つまりこういうこと。

医療従事者は、GoToキャンペーンで仕事が増えるだけでなく、旅行者の代金まで負担する(税金なので)。エッセンシャルワーカーが大事という話はどこへ行ったのだ?

理不尽の極み、あからさまな不公平、狂気の沙汰としか思えない。これが、GoToキャンペーンの正体なのだ。

さらに、経済優先というが、観光業・飲食業だけが経済ではない。それ以外に、壊滅的損害をこうむった業種は多い。なぜ観光業・飲食業だけなのか、なぜ自分たちの業種を救ってくれないのか?そんな恨み節を、最近よく聞く。そもそも、医療崩壊がおきたら、社会活動が停止し、経済はもっとひどくなる。中途半端なアクセルとブレーキは、経済にとって最悪、と考えたことはないのだろうか?

どんだけ、アタマ悪・・・おっと、ここまで。

■観光業 Vs. 医療崩壊

というわけで、GoToキャンペーンは理不尽と不公平のかったまり(塊)。最終的に、経済効果も怪しいが、重傷者と死者が増えることだけは確かだ。そんなこんなで、現政権は、後世、こんなレッテルを貼られるかもしれない。

「観光業ファーストで、国民の命と医療体制を犠牲にし、重傷者も死者も増えたけど、何も責任取ら内閣」

ところが、野党もマスコミも識者も声をあげない。検事が賭け麻雀したときには、大騒ぎしたのに。

賭け麻雀と医療崩壊、どっちが大事なのだ?

観光業と医療崩壊、どっちが大事なのだ?

国民の命は何番目?優先順位つけろよ、と言いたい。

これが聞こえたのか(そんなわけない)、2020年11月21日、政府はGoToキャンペーンの見直しを発表した。ところが、感染が拡大している地域限定で、最終判断は地方自治体任せ。自分で始めておいて、失敗したから尻拭いはあんたがやれ・・・責任取ら内閣

当地金沢も、北陸新幹線はすべて満席。近江町市場は前年を上回る人出で、全国ニュースサイトの第一面を飾った。年寄りをかかえる家族は、当面、市内に出れない。観光が、他の業種、国民を犠牲にしていることに気づかないのだろうか?いや、気づいている。政府も国民も、自分さえよければOK。だから、自粛警察が堂々と活動するのだ。

国が分断しているのは、アメリカだけではない。今後、日本も分断が加速するだろう。

東京Vs.地方、エッセンシャルワーカーVs.その他、マスク派Vs.非マスク派、若者Vs.年寄り、金持ちVs.貧乏、現役世代Vs.年金世代・・・あと20はあるがここでおしまい。

こんな話をすると、みんな判で押したように・・・批判するだけなら、誰でもできる。そこまで言うなら、あんたが政治家やれば?

大事な話をしよう。反ナチス運動マルティン・ニーメラーが残した有名な言葉だ。

「ナチスが最初、共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった。私は共産主義者ではなかったから。つぎに、社会民主主義者が攻撃されたとき、私は声をあげなかった。私は社会民主主義者ではなかったから。さらに、労働組合員が攻撃されたとき、私は声をあげなかった。私は労働組合員ではなかったから。そして、私が攻撃されたとき、私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった」

ダメなものはダメ、これがビジネスで学んだこと。あたりまえのことを正々堂々と言わない、言えない会社は衰退する。国も同じ。見ざる言わざる聞かざるは、すべて弱者にふりかかるのだ。つまり、ひどい目にあうのは、政治家ではなく国民。ニーメラーは真実を言っているのだ。

■ペストの原因

ペストも新型コロナも、ともに疫病の病原体だが、違いもある。

新型コロナウィルスは「ウィルス」で、ペストは「細菌」。さらに、ウィルスは遺伝情報しかもたない「半生物」で、細菌からなる「生物」。だから大きさが違う。細菌は、約1μm(1μm=10のマイナス6乗メートル)で、光学顕微鏡で見える。一方、ウィルスは約50nm(1nm=10のマイナス9乗メートル))で、細菌の1/20。光学顕微鏡では見えず、電子顕微鏡でしか確認できない。

この違いが、一人の歴史的人物の人生をかえた。千円札にもなった日本の医学者、野口英世だ。病原体の発見者として知られ、ノーベル賞の候補にあがったほど。野口の最後の研究は黄熱病だった。彼の真骨頂は、他の研究者なら絶対にやらない実験の絨毯爆撃。ところが、黄熱病には通用しなかった。理由はカンタン、黄熱病の病原体は細菌ではなく、ウィルスだったのだ。ウィルスは光学顕微鏡では見えず、この時代、電子顕微鏡はまだ発明されていない。だから、見えなくてあたりまえ。ところが、野口はそれに気づかず、不眠不休で実験を繰り返し、自身が黄熱病に感染、夭折する。データ重視の帰納法は重要だが、論理重視の演繹法を忘れると、根本を誤るという教訓だろう。

では、疫病はどうやってヒトに感染するのか?

新型コロナウイルスは、ヒトからの飛沫や接触で感染するが、ペストは少し複雑だ。

ペスト菌はノミに寄生し、ノミはクマネズミに寄生する。そして、14世紀、クマネズミは人間と暮らしていた。この頃、町や村は不衛生で、クマネズミは人間の生活圏に入り込んでいたのだ。さらに、クマネズミは船の積荷にも棲息していたので、交易船に乗って、世界中を移動した。つまり、14世紀のペスト流行は、ノミとクマネズミとヒトのコラボだったのである。

では、どうやってヒトに感染したのか?

まず、ノミがペストに感染したクマネズミの血を吸う。そのノミがヒトを刺すと、ペスト菌が体内に入り込む。刺された場所に近いリンパ節が腫れたら、「腺ペスト」。ペストで最も多いタイプだ。リンパ腺が侵されるのでこの名がある。さらに、ペスト菌は肝臓や脾臓でも繁殖し、毒素を体内に撒き散らす。潜伏期間は2~7日で、全身の倦怠感、悪寒をへて、39℃から40℃の高熱が出る。治療しなければ、数日で死ぬ。

また、ペスト菌が、血液に入り、全身に回ることもある。これが、敗血症ペストだ。急激なショック症状をおこし、手足が壊死し、黒いアザができる。そのため「黒死病」ともよばれた。

14世紀のペスト流行は、当初、ほとんどが腺ペストだった。ところが、北方ヨーロッパで腺ペストは肺ぺス卜に転じる。ノミやクマネズミを介さずに、空気感染するようになったのだ(※1)。その後、ヒトヒト感染が加速し、歴史的パンデミックを引き起こした。現在の新型コロナは、空気感染は確認されていないが、今後どうなるかわからない。ところが、日本はGoToキャンペーン騒動のさなか。その想像力の欠落ぶりは想像を絶する(これは意味深ですね)。

■14世紀ペストの全歴史

ここで、14世紀のペストの歴史を時系列でみてみよう(※3)。

・1331年:中国河北省で発生し、人口の90%が死亡。中国・元朝の崩壊の一因となった。

・1332年:中央アジアに伝染。地域集落を壊滅させながら、シルクロードを西に向かう。

・1335年:ペルシャに到達。中東全域に伝染し、シリアのダマスカスで1日2000人が死亡。

・1346年:黒海のカッファに到達。ジョノヴァの商人がカッファから北イタリアに持ち込む。

・1347年:イタリア全土に伝染。ヴェネツィアは人口の3/4を失う。フィレンツェの銀行家の多くが破産。

・1348年:7月にイングランドに上陸。ロンドンは人口の半数(4万人)が死亡。

凄まじいとしか言いようがない。被害をうけた地域も犠牲者の数も、二度の世界大戦を凌駕する。人類史上最大の災厄といっていいだろう。ところが、1350年をこえると、ペストは急速に収束する。これで終息?そうでなかった。10年後に、第2波が襲来したのである。その後も、ペストは、10年刻みで襲来し、17世紀中まで続く。

つまりこういうこと。

14世紀のペストは、終息するまで300年!その間、100回以上も流行を繰り返したのだ。

この事実はあまり知られていない。そのためか、この歴史を曲解して、誤った主張する識者もいる。いわく、14世紀のペストは大惨事だったが、結局何も変わらなかった。演劇も旅行も外食も今も続いているではないか。だから、アフターコロナの世界も何もかわらない、と。

だが、この主張は前提が間違っている。じつは、14世紀のペストは、世界を一変させたのだ。

《つづく》

参考文献:
(※1)週刊朝日百科 世界の歴史 朝日新聞社出版
(※2)世界の歴史を変えた日1001 ピーター ファータド (編集), 荒井 理子 (翻訳), 中村 安子 (翻訳), 真田 由美子 (翻訳), 藤村 奈緒美 (翻訳) 出版社 ゆまに書房
(※3)ビジュアルマップ大図鑑 世界史 スミソニアン協会 (監修), 本村 凌二 (監修), DK社 (編集) 出版社 : 東京書籍 (2020/5/25)

by R.B

関連情報