BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第372話) 宝達山の謎(1)~オリーブの巨木~

カテゴリ : 歴史科学

2017.09.10

宝達山の謎(1)~オリーブの巨木~

■オリーブの巨木

盆休みに実家に帰り、歓談していると、父が奇妙なことを言い出した。

実家の近くに、能登最高峰の宝達山がある。その近くに、オリーブの巨木があって、実がたわわだというのだ。

ありえない・・・

オリーブは地中海地方が原産で、温暖な気候を好む。ところが、実家は寒冷な北陸地方(石川県)なので、ムリ。事実、このあたりの農家で「オリーブ栽培」は聞いたことがない。

さらに、「実がたわわ」もヘン。

父の話だと、オリーブの木は1本だという。ところが、オリーブは「自家不結実性」といって、自分で受粉できない。そのため、栽培して実を収穫するには、品種の違う2本以上の木を植える必要がある。

そして、「巨木」もありえない。父の話だと、電柱より背が高いという。樹高は10mは超えるはずだから、樹齢は10年や20年どころではない。数十年以上は経っているだろう。

これは謎だ。

オリーブが最初に日本に持ち込まれたのは1878年(明治11年)。その後、神戸でオリーブ栽培が始まったが長続きしなかった。そして、1908年(明治41年)、今度は政府主導でオリーブ栽培がはじまった。

つまり、日本のオリーブ栽培の歴史はたかだか100年。ところが、数十年以上前に、豪雪地帯の北陸でオリーブ栽培!?

とはいえ、父の話を否定するわけにもいかない。父は「果樹」のスペシャリストで、長らく県立の農業短大で教鞭をとっていたのだ。

そこで、実家から帰る途中、現地に行ってみた。老眼の父が書いた怪しい地図をたよりに。

すると・・・オリーブの巨木は本当にあった↓

宝達町の巨大オリーブの木オリーブの木以外はぼかしてあるので、わかりにくいが、たしかに電柱より高い。
 さらに、半径数km圏内を車で偵察したが、オリーブの木は1本もなかった(あるわけない)。

父の話は本当だったのだ!

寒冷な北陸地方に生育する孤高のオリーブの巨木。

どういう経緯で植えられ、どうやって豪雪地帯を生き延びただろう。しかも、こんなに大きくなって。

サッパリわからない。

温暖化が進んだ昨今、趣味の園芸で栽培してみました的なオリーブとは、次元が違うのだ。

■オリーブの生育条件

オリーブは、ジャスミンと同じモクセイ科の常緑高木である。日当たりと温暖な気候を好み、日照量が多いほど生育に良い。年間の平均気温は15~22℃(酷暑はダメ)。冬場にマイナス10℃より下がらないこと(寒冷はダメ)。乾燥に強いが、年間500ml以上の降水量が必要(砂漠も湿地帯もダメ)。

さらに、潮風に強い樹木と言われるが、むしろ、潮風があたる方がいいかもしれない。

というのも、13年前、オリーブの木を2ヶ所で植えたが、潮風があたる方がよく育った。これで「オリーブは潮風を好む」と言い張るつもりはないが。

というわけで、スパイス(香辛料)ほどではないが、オリーブは生育環境がシビアだ。

前述したように、オリーブは地中海地方が原産なので、地中海性気候を好む。事実、オリーブの生産国の98%が地中海に面している。

オリーブの実の生産量のベスト3は・・・

1.スペイン(30%)

2.イタリア(20%)

3.ギリシャ(15%)

これに、トルコ、シリア、モロッコ、ポルトガル、エジプト、アルジェリア、ヨルダンが続く・・・やっぱり、地中海だ。

そこで、スペインと実家のある北陸の気候を比較してみよう。

  平均気温/年(℃) 降水量/年(mm) 日照時間/年(時間)
スペイン 14.6 436 2769
北陸 14.6 2398 1680
※スペインはマドリード、北陸は金沢のデータ

平均気温は同じだが、降水量と日照時間がゼンゼン違う。どう考えても、北陸でオリーブ栽培はムリ。鉢に植えて、冬場は室内に退避するとか、観賞用に徹すれば別だが。

というわけで、北陸で10m超えのオリーブの巨木はありえない。

北陸は今でこそ、雪は少ないが、20年前までは豪雪地帯だった。平野部でも2、3mの積雪はザラだったのだ。そんな過酷な寒冷地で、地中海原産の樹木がどうやって生き延びたのか?

ムリ・・・

私的なエビデンスもある。

前述したように、オリーブ栽培に挑戦しているが、1本は積雪で幹がポッキリ、1本は長雨で幹が腐り、1本だけ生き残った。

ただし、生き残った1本は、他の2本と環境が違う。ともに、北陸(石川県)だが、生き残った1本は海の潮風が直接あたる場所。そして、ここが肝心なのだが、その1本は我が家の庭に植えてある。目と鼻の先なので、雪が積もれば、払いのけてやり、雨が続けば、枝木や葉から水を拭いてあげる。蝶よ花よと?手塩にかけて育てたのだ。

父が言うには、植物は鑑賞してあげる、触ってあげるだけで、生育が違うという。

うそ?

果樹の専門家が言うのだからウソではない(と思う)。それに、最近、某国立大学の准教授から面白い話を聞いた。人間がそばを通ると、植物が反応するというのだ。今、流行の深層学習(ディープラーニング)を使って、突き止めたという。

准教授によれば、これまで「統計的機械学習」を使っていたが、「深層学習(ディープラーニング)」の方が処理が楽で、精度も高いと言う。NVIDIAのGPGPUボード(浮動小数点演算ユニット)を使って高速化するうんぬん・・・だが、今回の話はそこではない。

■日本最古のオリーブ

前述したように、日本で本格的にオリーブの栽培が始まったのは1908年(明治41年)である。

1905年9月、日露戦争に勝利した日本政府は、オリーブに目をつけた。オリーブの果実からオリーブ油を採取し、オリーブ漬けに使おうというのだ。長期保存が可能で、美味しいから。戦争には缶詰が欠かせないのである。事実、この後、日本は第一次世界大戦、太平洋戦争へと突き進んでいく。

このとき、政府は、香川県(小豆島)、三重県、鹿児島の3ヶ所でオリーブの試験栽培を行った。いずれも温暖な地域だが、成功したのは小豆島だけだった。

現在、小豆島は日本のオリーブ生産量の90%を占める。岡山県の牛窓もオリーブ栽培はさかんだが、どちらも「瀬戸内海式気候」。つまり、地中海性気候に近い。そして、ここが肝心・・・潮風があたる!(私見)

つまり、日本のオリーブ栽培は、100年前に始まったばかり。しかも、温暖な地方3つのうち、成功したのは1つだけ。

それが、数十年以上前に、豪雪地帯の北陸にオリーブ!?

さらに、木は1本しかなく、自家受粉できないのに、実がたわわ!?

わからない・・・

次の週、再び実家に行き、父に報告した。

「オリーブの巨木は本当にあった。でも、どういう目的で植えられて、どうやって巨木にまで育ったかわからない・・・」

すると、父は満足気にうなずいて、また謎をかけてきた。

くだんのオリーブの巨木は宝達山の近くにある。そして、その宝達山に、大型の観光バスが乗り付けるというのだ。しかも、降りてくる観光客はすべて白人。それも、一度や二度ではないという。

あんなド田舎に、白人の観光バス!?

■モーセの墓

宝達山は能登最高峰だが、標高637mの小山。登山を楽しむ山ではない。しかも、立地が悪く、金沢から40kmも離れている。こあたりで一番大きな町は「宝達志水町」だが、人口は1万2800人。温泉はおろか、ホテルもない。

先日、戸籍謄本をとりに行ったら、メインストリートでみかけたのは犬一匹、人っ子一人いない(ホントだぞ)。

というわけで、生まれ育った町だから、断言できる・・・白人が観光に来るような所ではない!(中国人も)

すると、父は驚くべきことを口走った。

「宝達山にモーゼの墓があるからや」

「はあ?」

「映画の、ほら、海の割れるやつ・・・」

間違いない。十戒のモーセだ。あのモーセが日本に来て、宝達山に墓まである?!?

絶句・・・

父が言うには、

「白人の観光バスツアー=モーセの墓参り」はこのあたりでは有名らしい。もっとも、それ以外に「白人」の観光スポットは見当たらないから、あながちウソとも言い切れない。「モーセの墓」があると仮定しての話だが。

まてよ・・・

宝達山のオリーブの巨木はどう考えてもオーパーツ。つまり、その時代、その場所にありえないモノ。でも、モーセが、オリーブの種を地中海世界から持ち込んだとしたら!?

面白いネタだ!

「モーセの墓」があればの話だが。

そこで、再び宝達山に向かった。今度は、ありえないオリーブではなく、絶対にありえないモーセの墓を求めて・・・

《つづく》

参考文献:
NHK趣味の園芸「よくわかる栽培12ヶ月オリーブ」岡井路子著 NHK出版

by R.B

関連情報