BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第306話) IBMの人工知能5~汎用知能の挑戦者たち~

カテゴリ : 科学

2015.10.31

IBMの人工知能5~汎用知能の挑戦者たち~

■脳をコピペする方法

2021年に、東大合格をめざす「東ロボくん」

人間の知的ワークを奪いつつあるIBM「ワトソン」

いずれも、2015年時点で最強の人工知能だが、コグニティブ・コンピュータ(認知コンピュータ)の域を出ていない。つまり、「弱いAI」。

しかし・・・

その「弱いAI」があなどれない。

「東ロボくん」は、2014年大学入試センター試験で偏差値「50」を獲得し、私立大学の80%でA判定となった。さらに、「ワトソン」は、秘書やパラリーガル(弁護士の補助員)を仕事を奪い、コールセンター業務、医療診断、医薬品の開発、経営戦略にも進出している。

「弱いAI」でこれなら、「強いAI」が出現したら、人間はどうなるのだ?

穴があったら入りたい・・・なんてシャレている場合ではない。比喩ではなく、本当にそうなるかもしれないのだ。

というのも・・・

「強いAI=汎用人工知能」が誕生したら、「超人工知能」に進化することは確実で、その場合、人類は抹殺されるかもしれない。存在するだけで、地球資源を食い尽くすから。だから、穴を見つけて隠れなくては・・・

ただ、幸いなことに、「強いAI=汎用人工知能」のメドはたっていない。それでも、2015年現在、汎用人工知能を実現するアプローチは2つある。

コンピュータに最適化された「思考原理」に基づく「コンピュータ科学」と、人間脳をそのまま真似る「計算論的神経科学」だ。

前者は、肝心の「思考原理」が見つかっていない。それに、オープンソースの「OpenCog」がにぎわっているくらいだから、まだ趣味の段階。

一方、後者は、オリジナル(人間)が実在するので、なんとかなるかもしれない(魂なんてものがなければ)。

それに、脳の構造はハードウェアに限れば、意外にシンプル・・・ニューロン(脳細胞)があって、それを結ぶシナプスがあるだけ(数はハンパなく多いけど)。そこで、その仕組みをそのままコンピュータに置き換えようというわけだ。このアプローチを「計算論的神経科学」とよんでいる。

飛行機にたとえると・・・

計算論的神経科学は、鳥が羽ばたいて飛ぶを真似る。一方、コンピュータ科学は、羽ばたかない新しい飛行原理を見つける。もちろん、現在の飛行機は後者だ。

ところが・・・

「計算論的神経科学」派は「コンピュータ科学」派のことを小バカにしている。

いわく・・・

普遍的な「思考原理」を発見して、人工知能をプログラムするって?

バカじゃないのか。人間の「知能」がプログラムで書き下ろせるはずがない。そんなことも知らずに、人工知能の専門家ズラするんじゃない!

・・・と、そこまで言ったかどうかは定かではないが、バカにしていることは確かだ。

たしかに、人間の脳はすさまじい。

あんな小さな頭蓋の中に、1000億のニューロン(神経細胞)が詰め込まれている。しかも、一つ一つのニューロンは他の1000個のニューロンと接続されている。つまり、つながり(シナプス)の数は「1000億×1000=100兆」!

数は凄いけど、こんなカンタンな仕組みで、複雑な思考回路(プログラム)や記憶(データ)をどうやって作るのか?

ニューロンをつなぐシナプスの「つながり強度」を変えて実現している。

脳の構造がわかったところで、つぎは、人間脳をコンピュータにコピペする方法。

まず、PETやfMRI脳スキャン法を使って、ニューロン単体が何をしているか、ニューロンが集合として何をしているかを解明する。 次に、解明したプロセスを計算可能な構造に変換し、コンピュータに置き換える。

このような手法をリバースエンジニアリング、その成果物を「エミュレータ」とよんでいる。

たとえば、昔懐かしいゲーム機「ファミコン」のゲームを、「パソコン」で動作させるソフトがある。パソコンの機能を使って、ファミコンをパソコン上で疑似的に動作させる「ファミコン・エミュレータ」だ。

なぜ、そんな面倒くさいことをするのかというと、ファミコンはもう売っていない、でも、ファミコンゲームはプレイしたい・・・そんな需要にこたえるため。

もし、「ファミコン・エミュレータ」がなければ、すべてのファミコン・ゲームをパソコン用に書き換える必要がある。ところが、ファミコン・エミュレータがあれば、ファミコン・ゲームはそのままパソコンで動作する。

このアイデアを脳に応用すると、

人間脳をコンピュータ上で擬似的に動作させる=脳エミュレータ

となる。

「脳エミュレータ」は、速度と容量はさておき、人間の脳の機能をすべて備えている。だから、立派な汎用人工知能だ。

じつは、脳エミュレータの研究はすでに始まっている。たとえば、ダートマス大学・脳エンジニアリング研究所所長リチャード・グレインジャー博士は、人間の脳の回路を真似たアルゴリズムを開発している。

そして、驚くべきことに、このアプローチでも、IBMがぶっちぎりのトップなのだ。

たとえば、2008年に開発がスタートした「SyNAPSE」。

「脳のリバースエンジニアリング」によって人工知能を実現するプロジェクトで、アメリカ国防高等研究計画局「DARPA」から、3000万ドルの資金援助をうけている。最初は猫、次にそれをスケールアップして、人間の脳を作る計画だ。すでに、猫は完了し、2019年には人間脳も完了するという。

IBMの「脳のリバースエンジニアリング」の計画はもう一つある。「ブルーブレイン」プロジェクトだ。

これはまさにSF・・・人間の脳を、丸ごと、分子レベルで、コンピュータでシミュレーションしようというのだから。

しかも、このシミュレーションは、人間脳を真似る一般的な手法「ニューラルネットワーク」を使っていない。より生物学的な神経細胞のモデルを使っている。

つまり、「人工知能」というより「人工脳」。

現在、IBMとスイス連邦工科大学が共同で開発を進めているが、もし完成したら・・・

人間脳が、丸ごと、コンピュータにコピーされる。つまり、オリジナルの「タンパク質脳」の記憶・思考・心・精神・意識が、「シリコン脳」に転写されるわけだ。

人間脳のすべての情報(ロジックとデータ)が、タンパク質からシリコンに移されるということ。ただし、「移動」ではなく「複写」、結果、まったく同じ脳が2つ存在することになる。

では、今、自分が意識しているのは、タンパク質脳、シリコン脳、どっち?

半分、哲学ですね。

■汎用人工知能の挑戦者たち

というわけで、IBMは、コンピュータ科学(コグニティブ・コンピュータ)と計算論的神経科学(SyNAPSEコンピュータ)の両分野で、世界のトップを走る。

では、IBMはなぜ人工知能にガチなのか?

さては・・・

映画「ターミネーター」に登場する謎のハイテク企業「サイバーダイン社」よろしく、自我を持つマシンを開発して、世界征服をもくろんでいる?

悪くないネタだが、IBMにそんな余裕はない。四半期決算で13期連続減収、あげく、2015年10月末、株価が急落・・・陰謀なんて言っている場合ではない、一刻も早く、金のなる木を見つける必要があるのだ。

というわけで、IBMはコグニティブ・コンピュータ「ワトソン」で一山当てようと目論んでいる。それは十分可能だし、知の産業革命をもたらす可能性もある。

ただし、人間の知的ワークのほとんどがワトソンに持って行かれる。こっちはどうなるの?

「ワトソン」こけたら、人工知能もこけて、IBMもこける・・・人の心配をしている場合じゃない、一刻も早く、ワトソンを金に変えなくては。

一方、IBMと並んで人工知能に熱心なGoogleは「計算論的神経科学」派だ。

「計算論的神経科学」の代表が、脳を真似る「ニューラルネットワーク」だが、大きな壁にぶち当たっていた。それを突破したのが「ディープラーニング」だった。

その「ディープラーニング」で世界のトップを走るのがGoogle。2012年には、コンピュータに猫の画像を自学自習させ、猫の概念を獲得することに成功した。現在、パターン認識の機械学習では「ディープラーニング」は最強である。

ただし、Googleも、海のものとも山のものともつかぬ「汎用人工知能」に興味はない。次世代の検索エンジン、画像認識、自動運転など実用的なAIにターゲットをしぼっている。ということで、行き着くところは「金のなる木」。

じゃあ、「汎用人工知能」は?

どこの誰がやっているのだ?

大学、怪しいステルス企業・・・まともな企業はやっていません。

じつは今、第3次人工知能ブーム花盛りなのだが、実用的AIがほとんど。つまり、弱いAI。第1次、第2次人工知能ブームで、風呂敷を広げすぎて大コケしたのだ。3度失敗したら、バカ、アホ、オオカミ少年、何と言われるかわかりませんからね(二度あることは三度あるというし)。

だが、しかし、いつの時代でもドンキホーテはいるものだ。

世間から、バカと呼ばれようが、アホと言われようが、気にもとめず、怪しい技術に挑戦するマッドサイエンティスト・・・ヒューゴ・デ・ガリスもその一人だろう。

21世紀後半に「人工知性(汎用人工知能のこと)」の開発をめぐって、人類が2派に分かれて戦い、数十億人が死ぬと予言した人物だ。彼は、ニューラルネットワークと進化的プログラミングを組み合わせた機械脳「ダーウィン・マシン」を開発している。

さらに、謎めいた企業「ヌメンタ」も、汎用人工知能を開発しているという。また、メンフィス大学の「LIDA」は原始的な意識の兆候が確認されたという報告もある。

ということで、アメリカのマイナーリーグは「汎用人工知能」花盛り・・・どれもこれも胡散臭いが。

ところが、胡散臭い「花」はまだある。

なんと、汎用人工知能のオープンソースまであるのだ。つまり、プログラムソースを公開しますから、みなさん、タダで使って下さいね!

これはウソではない。

ノヴァメンテ社のCEO・ベンジェミン・ゲーツェルが推進するオープンソースプロジェクト「OpenCog」だ。しかも、アプローチは、脳を真似る「計算論的神経科学」ではなく、思考原理による「コンピュータ科学」・・・大胆不敵。

しかも、ホームページのトップには、

「OpenCog is a unique and ambitious open-source software project. Our aim is to create an open source framework for Artificial General Intelligence, intended to one day express general intelligence at the human level and beyond.」

直訳すると、

「OpenCogは、他に類を見ない、野心的なオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトです。私たちの目的は、AGI(汎用人工知能)のオープンな開発基盤を作ることです。いつの日か、人間に匹敵する、いや人間を超える汎用知能を世に送り出すことを目指しています」

と、言いたい放題。

でも、素晴らしいですね。

これがアメリカ式だから。

チャールズ・リンドバーグもしかり。

1927年、愛機「スピリット・オブ・セントルイス」を駆って、史上初の大西洋単独無着陸飛行を成功させた。この時代、飛行機で大西洋を横断するのは、月に行くようなものだった。つまり、命懸けの大冒険だったのだ。

事実、ロイド保険会社は、この無鉄砲な冒険飛行の成功率を10%と見積もっていた。もちろん、失敗は「死」を意味する。事実、リンドバーグの前に、6人が命を落としているのだ。コワイコワイ。

それでも挑戦する?

イエス!

それが、アメリカの十八番「フロンティア・スピリッツ」なのだ。

というわけで、汎用人工知能の挑戦はつづく。

もちろん、プレイヤーはアメリカ。

問題は、コンピュータ科学派、計算論的神経科学派、どっちが勝つか? 

参考文献:人工知能 人類最悪にして最後の発明」ジェイムズ・バラット (著), 水谷 淳 (翻訳)出版社:ダイヤモンド社

by R.B

関連情報