BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第300話) 人工知能の歴史1~冬の時代~

カテゴリ : 歴史社会科学

2015.09.11

人工知能の歴史1~冬の時代~

■反重力推進

「人工知能」は「反重力推進」のお仲間かもしれない。

できそうでできない ・・・ その前に、原理的に可能なの? という意味で。

もし、反重力推進が実現すれば、UFOのように曲芸飛行ができるし、空飛ぶ絨毯(じゅうたん)のように、空中浮遊もカンタン。輸送、建築作業、娯楽の世界で一大革命がおこるだろう。

とはいえ、「重力」は魔物である。

現在、確認されている自然界の力は4つ。原子核内で働く「弱い核力」と「強い核力」、「電磁力」、そして「重力」である。この4つの力を統一する「統一場理論」が完成すれば、制御可能な電磁力を介して、重力をあやつれるかもしれない。

ところが、2015年現在、統一できているのは弱い核力と電磁力のみ。中でも難儀なのが重力だ。他の3つの力とはまったく相容れず、孤高の力としてそびえ立っているのだ。そこで、重力だけ仲間はずれにして、弱い核力、強い核力、電磁力の3つを統一する「大統一理論」も提唱されているが、完成する気配はない。ましてや、統一場理論など夢のまた夢 ・・・

というわけで、反重力推進は、できそうでできない最たるテクノロジーなのだ(永久機関は原理的に不可能であることが証明されている)。

そして、人工知能もそのお仲間かも ・・・

■コンピュータ誕生

史上初の実用コンピュータといえば、米国のENIAC ・・・ ところが、その100年前に、幻のコンピュータが存在したのだ。19世紀イギリスの数学者チャールズ・バベッジが設計した解析機関である。このマシンは、パンチカードでプログラムを組み替えることができ、順次制御、分岐、ループの機能を備えていた。設計思想だけなら、立派なコンピュータだ。

ところが、バベッジは偏屈者で、気まぐれで、研究の最中にヨーロッパ旅行をしたり、計画性のない人物だった。それが祟(たた)って、途中で資金がつき、マシンを完成させることができなかった。机上の空論、夢想で終わったのである。もし、完成していれば、史上初のプログラム可能なデジタルコンピュターの栄誉に輝いただろうに。

というわけで、史上初のデジタルコンピュータは「ENIAC」。1946年2月、米国のペンシルベニア大学で完成し、5ヶ月後に米国陸軍に納入された(大砲の弾道計算が目的だった)。

その後、コンピュータは長足の進歩をとげた、どころではない。70年間で、処理速度が「100兆倍!」になったのである。この間、航空機は時速700kmから時速2000km、つまり「3倍」。ハイテクの代名詞の航空機でさえこの程度なのだ。コンピュータの進化がいかに凄まじいか。

ところが ・・・

「100兆倍」はコンピュータのハードウェアに限れられた。もちろん、ソフトウェアも、ハードの進化にあわせ、それなりに進化したが、フォンノイマン型アーキテクチャの壁を超えることはできなかった。ソフトのブレイクスルーは起きなかったのである。結果、人工知能も行ったり来たり。

行ったり来たり?

そう、この70年間で、2度の「冬の時代(停滞期)」を経験しているのだ。

■人工知能の始まり

「人工知能(AI=Artificial Intelligence)」という言葉が最初に使われたのは、1956年、アメリカで開催されたダートマス会議である。この会議で、「人間の知能」をコンピュータ上で再現することが、高々と宣言された。それを真に受けた企業や政府が、大学や研究機関に多額の研究資金をつぎ込んだのである。

気をよくした研究者たちは、実現性も実用性も吟味せず、アイデアを次々と形にしていった。

1958年、脳の神経細胞をモデルにしたニューラル・ネットワーク(パーセプトロン)が提唱された。人間脳を真似て人工知能をつくろうというのである。一方、コンピュータと相性のいいルールベースの研究も始まった。

ルールベースとは ・・・

「もし、『二足歩行』かつ『言葉を話す』なら、それは人間である」

という風に、知識をルールで表すのである。それをコンピュータに組み込めば、コンピュータは、

「馬は人間ではない」

と判断できる。この方法なら、知識体系を丸ごとコンピュータに実装できそうだった。ところが、現実はそう甘くなかった。

たとえば、鉄腕アトムが誕生したら?

「二足歩行」で「言葉を話す」から、

「アトムは人間である」

と、コンピューターは答えるだろう。もちろん、人間ならこんな間違いはおかさない、たとえ子供であっても。

それなら、ルールを書き換えれば?

「もし、『二足歩行』かつ『言葉を話す』かつ『有機体』なら、それは人間である」

という具合に。

では、有機物で作られたサイボーグが誕生したらどうするのだ?

また、ルールを書き換えればいい。

「もし、『二足歩行』かつ『言葉を話す』かつ『有機体』かつ『魂をもつ』なら、それは人間である」

でも、待てよ ・・・ いつまで続くのだ、この不毛の修正作業?

アイテムが増え続ける限り、つまり、文明が滅亡するまで。

この方法じゃダメかも ・・・ とフツーの人は気づく。もちろん、聡明な人たちも気づく。そんなこんなで、企業も政府も研究資金を引き揚げてしまった。

こうして、研究者たちの鼻はへし折られ、人工知能の冬の時代が始まったのである。

■人工知能の冬の時代

ところが、科学者たちはめげなかった。1980年代に入ると、分野をしぼった「エキスパートシステム」に目を付けたのである。たとえば、医者の知識をルール化して、コンピューターに組み込めば、医者にかわって、コンピュータが診断できる(はず)。ルール化の効率を上げるため、「推論コンピューター」も提唱された。

それを加速したのが、日本の「第五世代コンピュータプロジェクト」だった。1981年、通産省が提唱し、ICOT(新世代コンピュータ開発機構)が推進する一大国家プロジェクトである。

目標は「人間脳を超える人工知能」を造ること。それから、10年経った1992年、プロジェクトはひっそりと解散した。使えない並列推論マシンとプログラミング言語だけを遺して。

結局、「第五世代コンピュータプロジェクト」は社会に役立つものを何一つ作れなかった。プロジェクトは完全に失敗したのである。

こうして、第二次冬の時代が始まった。同時に、この事件が人工知能のトラウマになった。以後、人工知能といえば、詐欺師、ペテン師、オオカミ少年 ・・・

コンピュータが人間のように思考し、推論し、問題解決する? 医者も弁護士も科学者もいらなくなるって?

ウソつけ、3回もダマされるバカはおらんわ!(オオカミ少年ですよね)

それでも、科学者たちはめげなかった。人工知能への挑戦は続いたのである。その結果、状況はさらに悪化してしまった ・・・ あらら。

■北極カモメのトルーマン

北極カモメのトルーマンは、巣を必要としていた。トルーマンは、小枝を探した。小枝は見つからなかった。トルーマンは、ツンドラの方へ飛んで行った。トルーマンは、北極グマのホーラスに会った。トルーマンはホーラスに、小枝はどこにあるのか、と質問した。ホーラスは、小枝を隠した。ホーラスはトルーマンに、小枝は氷山の上にあると教えた。トルーマンは、氷山に飛んで行った。小枝は見つからなかった。ホーラスは氷山に泳いで行った。ホーラスは肉を探した。トルーマンは肉だった。ホーラスはトルーマンを食べた(※1)。

なんのこっちゃ? 幼稚園児が書いた小説?

ノー! 人工知能が書いた小説!

単語と文の意味はわからんでもないが、何が言いたいのかサッパリのこのお粗末な小説は、1993年、「小説執筆プログラム(人工知能)」によって書かれた。「TAILOR」という名前もあったらしいが、それは忘れていいだろう。

この惨潅たる結果に、「努力家ではあるのだが」とお情けの評価を下した科学者もいたが、それも忘れていいだろう。なにはともあれ、こんな小説に「知能=知性」を感じる人はいない。

というわけで、1990年代に入っても、「人工知能」はこんなもんだった。

人間のように感情をもち、人間のように思考し、人間のように創作する、そんな高見を目指した結果が「北極カモメのトルーマン」?

ジョーダンはよしこさん(寒)。

人工知能どころか、エセ知能、マガイモノ、パチモン(ちょっと言い過ぎたかな)。しかも、何の役にも立たないのだから、人工知能への期待と信頼が地に落ちるのは、あたり前田のクラッカー(寒)。

ところが ・・・

1990年代後半から、状況は一変する。

主役は、人工知能の先駆者IBMと、人工知能型検索エンジンで世界制覇をもくろむGoogle。一馬身おくれて、宝の山「ビッグデータ」を隠し持つFacebook、三馬身おくれでペッパー&ワトソンで感情認識AIを狙うソフトバンク、五馬身おくれで、手ぶらで参入したApple

役者はそろった。さて、何が飛び出すやら ・・・

《つづく》

(※1)「次の500年 繁栄に終わりはあるか 科学の予感を遥かに超えた別の国 ミラクル・ワールドへの旅立ち」 エイドリアン・ベリー (著), 三枝 小夜子 (著), 茂木 健一郎 (著) 出版社: 徳間書店。 
(※2)「人工知能 人類最悪にして最後の発明」ジェイムズ・バラット (著), 水谷 淳 (翻訳)出版社:ダイヤモンド社

by R.B

関連情報