BeneDict 地球歴史館

BeneDict 地球歴史館
menu

週刊スモールトーク (第243話) Windows Mac どっちがいい?

カテゴリ : 科学

2014.02.09

Windows Mac どっちがいい?

■Mac Vs IBM PC

Appleのスティーブ・ジョブズの追悼番組で、脳科学者の茂木健一郎がマイクロソフトのWindowsをこき下ろし、それを聞いたマイクロソフト元副社長の西和彦がブチ切れた。結果、西和彦と茂木健一郎の大喧嘩に ・・・

ところで、ケンカの原因は?

MacとWindowsどっちがいいか?

そんなのドーデモいいじゃん、なのだが、茂木健一郎のようなAppleフリークにしてみれば、ここは譲れない。一方、この手のAppleシンパを苦々しく思う一派もいて、口をそろえて、「Windowsも悪くはない」と反論している。「良い」と言い切れないのがミソだが、そんなこんなで、両者の溝は深い。

ところで、ホントはどっちがいいの?

じつは、今、それを試しているところなのだ。

MacBook Airに仮想化ソフト(Palarrels)を入れて、MacOSX(Mavericks)とWindows8.1の両方を動かしている。ハードが同じなので、フェアな比較ができるというわけだ。

まずは、MacBook Airの純粋なパワーを体感しよう。

パソコンでいつもイライラするのは起動時間。これがイヤで、iPadに移った人も多い。

MacBook AirのストレージはHDDではなく、SSD。しかも、インターフェイスはありがちな「ATA」ではなく、高速の「PCI Express」。これは、期待できる!

実測すると、
・電源ボタンONからパスワード入力画面まで→13秒
・パスワードを入力後、MacOSが起動するまで→ 5秒
・MacOS起動後、Windows8.1が起動するまで→13秒

つまり ・・・

2つのOS(MacOSとWindows)が起動するのにたったの「31秒」!

一方、今使っているIBM PCはWindowsが起動するのに「3分」もかかる。

6倍も高速?こりゃあ凄い!

でも、冷静に考えると ・・・

MacBook Airが凄いのではなくて、「3分」かかるほうがおかしいのだ。カープヌードルならまだしも、「道具で3分待ってね」は容認できない。

だって、そうではないか。

水道の蛇口をひねって、3分間待つのだぞ ・・・

きっと、水道局は袋だたきにあうだろう。

じゃあ、どうして、パソコンだけが許されるのか?

「IBM PC互換機 & Windows」の独占だから。つまり、他に選択肢がない。

もし、独占でなかったら、パソコンの世界はこうなっていたはずだ ・・・
1.パソコンが起動するには準備作業が必要で、数分はかかる。
2.でも、そんな長い間、ユーザーを待たせるわけにはいかない。
3.では、OSだけフラッシュメモリに入れて、スピードアップしよう。

一方、IBM PC互換機とWindowsが独占する現実世界では ・・・

フラッシュメモリ?高くつくし、メンドーだし、どこもやらないからやめとこう、以上!

ところが ・・・

Appleは違う。

パーフォーマンスとユーザーインターフェイスを極限まで追究している。シェアが10%に満たないので、品質で差別化するしかないのだが、スティーブ ジョブズのDNAも影響しているのだろう。

■Appleの哲学

2013年末に発表されたハイエンドマシン「Mac Pro」にもそれが見て取れる。

CPUはインテル最強の「Xeon」、メモリは12GB、ストレージは高速のSSD。そして、グラフィック周りは格段に強化されている。チップはAMD最強のFireProで、グラフィックボードは2枚差し。しかも、1枚は汎用的演算に使える(グラフィックではなく)。今後、主流になるGPGPU(グラフィックチップを汎用演算に使う)にも対応しているわけだ。

このハイスペックで、価格はなんと「31万8800円」!恐るべきコストパーフォーマンスだ。

しかも、驚くなかれ、電源ユニットはたったの「450W」!

同じスペックをIBM PC互換機で組んだら、最低で900W、安全を踏めば1500W ・・・

1KW!?

電力大喰らいの電子レンジではないか。筐体のすき間から、暖を求めて、ゴキブリが侵入したら ・・・ 「チ~ン」 ・・・ 電子ゴキブリホイホイ(ジョーダンです)。

では、なぜ、MacProは消費電力が半分ですんだのか?

1.CPUは1個(旧MacProは2個)。
Xeonは4~6コア構成で、実質、マルチCPUなので、1CPUでもパーフォーマンスは落ちない。

2.HDDではなくSSDを採用。
HDDは、ディスクの回転やヘッドの往復運動など、力学運動をともなうので電力を食う。ところが、SSDは半導体なのでそれがない。そのため、消費電力はHDDの半分ですむわけだ。

3.拡張機能は外付け。
拡張ユニットを筐体内部のPCI Expressに接続すると、拡張ユニットの電力も供給しなければならない。当然、その分、電力を食う。そこで、拡張ユニットを外付けにし、高速I/O(Thunderbolt 2、USB 3.0)でつないだのである。

4.新冷却システム「ユニファイドサーマルコア」。
普通、ハイスペックなパソコンでは、CPU(メインプロセッサ)とGPU(グラフィックプロセッサ)は個別のヒートシンクとファンで冷却される。一方、Mac Proは、筐体中央に巨大なヒートシンクが設置され、CPUボードとGPUボード(×2枚)が直づけされている。

つまり、すべての熱を1枚の巨大ヒートシンクに集め、大型ファンで集中冷却するのである。省スペース、省エネで、部品が少なくてすむし、空気の対流がシンプルなので効率がいい。まさに、コロンブスの卵。

というわけで ・・・

Mac Proは、既存の部品を使って、革新的な技術を実現している。コストを抑えながら最高のパーフォーマンスを引きだす、それを極限まで追究しよう ・・・ そんな真っ当な物づくり哲学が、Appleには感じられる。一方、IBM PC互換機は、仕様が決まっているので、基板のサイズさえ変えられない。だから、行き着くところは価格競争。Macは魅力的、IBM PC互換機は退屈は必然なのである。

さらに、Appleはユーザーインターフェイスにもこだわりがある。

たとえば、フォント。誰がどう見ても、WindowsよりMacのほうが見やすくて綺麗。たかがフォント、されどフォント、仕事の大半は文字を見て過ごすので、この差は大きい。

人間は誰でも歳をとる。そして、老眼になる。そのとき、Macのフォントのありがたみがわかるだろう。

さらに、ファイル管理もMacに一日の長がある。地味な部分だが、生産性に大きな差がでる。アプリとは関係なく、ファイルを中心に管理する必要があるからだ。

■WindowsとMacのアプリ対決

つぎに、WindowsとMacのアプリを比較してみよう。

【インターネットブラウザー:Safari Vs Windowsブラウザ】
Macの標準インターネットブラウザーはSafari。フォンは太く滑らかで、画面に合わせ最適化してくれる。なので、Windowsブラウザよりずっと見やすい。ただし、これはSafariというより、Macのおかげ。じつは、Windows版のSafariもあるのだが、こちらは他のWindowsブラウザと変わり映えがしない。

【メーラー:メール Vs Thunderbird】
Macの標準メールソフトは悪くないが、機能的には「Thunderbird」の方が上。一方、見た目はMacが上なので悩ましい。とはいえ、まともな業務メールだけで日に100~200通は来るので、機能優先でWindowsのThunderbirdを使っている(Mac版のThunderbirdもある)。

【地図ソフト:マップ Vs Googleマップ】
Macには標準で「マップ」が附属しているが、Googleマップの方が情報量が上。そこで今は、MacのSafariでGoogleマップを使っている。

【カレンダー:カレンダー Vs Googleカレンダー】
カレンダーといえば、日本の祝祭日が気になるところだが、Mac標準のカレンダーもGoogleカレンダーも簡単に追加できる。ただ、ずっとGoogleカレンダーを使ってきたので変えるのもメンドー。というわけで、MacOSXでGoogleカレンダーを使っている。

ところで、なぜWindowsで使わない?

ピンチでズームが使えないから(これは便利です)。

さて、つぎは仕事のキモとなる「Office」。

まずは、表計算ソフトから。

Windowsは言わずと知れた「Excel」、Macは「Numbers」。

【表計算ソフト:Excel Vs Numbers】
これはもう、断然、「Excel >>> Numbers」。

機能が違いすぎて、比較にならない。Excelは、表計算だけでなく、データベース機能も充実している。一方、データベースソフト「Access」には表計算機能があるが、Excelに比べ使いづらい。

なので、表計算が中心で、データベースがからむなら、Excelがベスト。そして、仕事のほとんどがこれ。実際、ビジネス現場では、経理、工程管理、見積もり、顧客データ管理、プログラム開発、データのシミュレーションなど、あらゆる分野で使われている。

というわけで、すでにExcelを使っている人は、あえて「Numbers」を使う必要はないだろう。Windows側でExcelを使うのが一番(Mac用のExcelもあるが、Windows版にくらべ機能が劣るので)。

ただし、表計算ソフトは初めてで、家計簿みたいなお気軽用途なら、わざわざExcelを買う必要はない。標準でついてくるNumbersで十分。それに、Excelより機能が少ないぶん、わかりやすい。

つぎに、ワープロ。

Windowsの「Word」とMacの「Pages」の対決だが、表計算ソフトとは事情が異なる。というのは、表計算ソフトは機能が重要だが、ワープロは使う機能は限られている。そのぶん、使いやすさが重要だ。

【ワープロ:Word Vs Pages】
WordもExcelと同じく、機能てんこ盛り。およそ思いつく機能が網羅されている。ところが、そのぶん、分かりづらく使いづらい。これが、マイクロソフトお決まりの最悪ユーザーインターフェイスと相まって、複雑怪奇なシロモノとなっている。一方、Pagesは機能が少ないぶん、使いやすい。ところが、決定的とも言うべき欠点がある ・・・ アウトライン機能がないこと。

アウトライン機能とは、文書を構造化する機能で、文章を段落で管理できる。しかも、段落を階層化できるので、文書が俯瞰(ふかん)できる。文書のボリュームにかかわらず、この機能は欠かせない。章と節のない企画書をイメージして欲しい。読む気もしないだろう。

旧バージョンのPagesには、アウトライン機能があったらしいが、今回は削除されている。どんな事情があったにせよ、ユーザーにとっては迷惑な話だ。これまで、書きためた文書がチャラになるから。ここが、Appleの怖いところ。古きを捨て、新しきに挑むベンチャースピリッツは讃えられてしかるべきだが、ユーザーにとっては災難でしかない。

一方、マイクロソフトは、バージョンアップしても、レガシーな資産を拾い上げてくれる。たとえば、古いファイルもフツーに読める。この互換重視が、ビジネス現場で受け容れられる理由だろう。

さて、Wordは機能が多すぎて、メモや業務日誌みたいなお気軽用途にはむかない。とはいえ、Pagesはアウトライン機能がないので仕事で使う気がしない。

では、アウトライン機能付きの使いやすいワープロはないの?

■使えるMac用ワープロ

さっそく、「アウトライン Mac」でググってみた。すると、フリーソフトがいくつか見つかった。その中で、良さげな「BEITEL(バイト)」をインストールしてみた。

結果は ・・・

アウトライン機能は十分だし、余計な機能もない。シンプルで、分かりすいソフトだ。しかも、アウトライン機能の中には、Wordにない機能もある。その一つが、段落の色分け機能だ。

現在、BEITELを業務日誌に使っているが、必然的に、日付の新しいものが上にくる。そのため、日付をキーに調べるのはカンタンだが、内容をキーに調べるのは大変だ。

そこで、文章を段落にわけ、段落をカテゴリー別に色分けするのである。

たとえば、業務日誌の内容を次の4つのカテゴリーに分類したとする。
・ 技術(青色)
・ 営業(緑色)
・ 人事(黄色)
・ 接待(ピンク)

ここで、カテゴリーの名称、色は自由に設定できる。ただし、数は9個まで。

つぎに使い方。

段落の上にカーソルを移動し、上記カテゴリーリストからカテゴリーを選択する。その瞬間、背景色がカテゴリーの色に変わる。これで、日付順に並んだ業務日誌が、カテゴリー別(内容別)に色分けされるわけだ。

そして ・・・

ある日、取引先から、○○の件でお伺いします、と連絡が入ったとする。

お泊まりですか?

イエスなら、先ず、魚の美味い店、次は綺麗どころがそろったクラブ。さて、最近行った店で、どこが良かったかな?

業務日誌の「ピンク」を捜せば一網打尽。

というわけで、BEITELは仕事に欠かせない。

■C言語からJavaの時代へ

ちなみに、BEITELはMac版だけでなく、Windows版もある。そこで、Windows版もインストールしてみた(MacBook AirのWindows側に)。すると、ちゃんと動くではないか(あたりまえ?)。しかも、MacOSXとWindowsでファイルを共有できるので、MacとWindowsどちらからでも編集できる。だからどうした、なのだが、なんとなく得した気分。

BEITELはフリーソフトなのに、Mac版とWindows版を作るとは見上げた根性だ、と感心したのだが、そうでもなかった。Javaで書かれているので、プラットフォームに依存しないのだ。つまり、一度書けばOK!

昔、この手のアプリは、遅いと使いものにならないので、C言語で書くしかなかった。ところが、昨今は、CPUが速くなったので、Javaでも十分なのだろう。実際、BEITELは、ファイルの読み書きと、横方向のカーソル移動以外はモッサリ感はない(少し気になるが)。

さらに ・・・

今ブレイク中のコンストラクションゲーム「マインクラフト(Minecraft)」もJavaで書かれている。テキストベースのアプリだけでなく、3DゲームもJava?

世も末だ ・・・

C言語はそれなりだが、上位版のC++はいい言語なのにね。規模の大きなプログラムでも頭が混乱しないし、再利用しやすいし、実行速度も速い。OS同様、いいものが生き残るとは限らないということか。一体、何が言いたいのだ?

そういえば、最近、不吉なことがあった ・・・

派遣会社に、C言語のプログラマの求人を出したところ、応募者は40歳~65歳。C言語プログラマの需要が旺盛で、若手が集まらないのかと思ったが、そうではなかった。C言語が書ける若手のプログラマがいないのだという。

なぜか?

仕事量が、「Java >> C言語」なので。

若手がJavaに走るのはあたりまえ。

ということで、コンピュータ言語の主流は、C言語からJavaへシフトしている。いや、もう終わったかな。昭和は遠くになりにけり ・・・

■3D能力を測定

せっかくなので、3Dゲームもチェックした。

使用したソフトはWindows版「信長の野望・創造」のベンチデモ。このデモは3Dアニメーション、エフェクト付き3Dアニメーションなど個別にテストできる。しかも、描画速度がリアルタイムに表示されるのでパーフォーマンスを測るにはうってつけ。

描画速度は、一般に、1秒間に表示できるフレーム数で表される。単位は「fps」で、値が大きいほど動きは滑らか。ちなみに、映画は24fps、テレビは30fps、TVゲームは30fpsである。だいたいこのあたりが限界で、これ以下だと、画面がカクカクする。

オープニングは、ムービーなのでリアルタイム3Dとは関係ないが、十分滑らか。日本地図は3Dのようだが、拡大縮小してもストレスなし。そして、いよいよ合戦シーン。ここからは、リアルタイム描画だ。

将兵数百人が一画面に同時表示されるシーンでは、50~60fpsをキープしている。見た目も滑らかだ。つぎに、鉄砲が発射され、被弾、爆発のエフェクトが入ると、30~40fpsに低下するが、まだ大丈夫。さらに、画面を拡大して、白熱の白兵戦、叩いたり、切ったりのエフェクト付きでも30fpsをキープしている。

おみごと!

このベンチデモはWindows版なので、本来はIBM PC互換機専用。それを、仮想化ソフト(Palarrels)を使って、ムリクリ、Macで動かしている。そんなハンディがあるのに、「30fps」をキープするとは立派だ!

そもそも、DirectX(Windowsの3D描画ソフト)が動作すること自体がすごいのだ。というのも、たいていの仮想化ソフトはDirectXが動作しない、または、動作しても速度がガタ落ちになるから。

■Windowsゲームは動作するか?

リアルタイム3D(DirectX)が実用レベルなので、製品版のWindowsゲームも試すことにした。

使用したのは、「動作が重い」を自慢にしている風変わりな戦略ゲーム「ハーツ オブ アイアンⅢ(Hearts of Iron)」。第二次世界大戦のステラテジーゲーム(戦略級ゲーム)で、超がつくほどマニアックだ。ただし、本格的、かつ、リアルなシミュレーションというわけではない。

たとえば ・・・

ドイツでプレイすると、1939年、いきなり、ポーランドに宣戦布告される。これには興ざめした。99.99%ありえないから。なぜか?を熱く語り出すと長くなるので、またの機会にしよう。

とはいえ、「ハーツ オブ アイアンⅢ」は、本格的シミュレーションを謳うゲームにありがちなデータ量で勝負するタイプ。アルゴリズムではなく、データで煙にまこうというわけだ。しかも、プレイヤーをサポートするAI機能もついているので、とにかく重い。今、使っているWindows XPマシンでは、起動だけで3分20秒かかるし、起動後もモッサリ ・・・ なので途中でやめてしまった。

とはいえ、動作が重いぶん、テストにはうってつけ。まず、インストールは問題なし。ところが、その後、実行すると、
「ゲームディスクをDVDドライブに挿入してください」
というメッセージがでる。すでに挿入してますけど ・・・ でなきゃ、インストールできないでしょう。

エクスプローラーで確認すると、DVDドライブは1つしかないのに、DVDのアイコンが2つ表示されている。
1.ドライブD: ドライブ本体
2.ドライブW: ハーツ オブ アイアンⅢのゲームディスク

本来は、
「ドライブD:=ハーツ オブ アイアンⅢのゲームディスク」
なのにね。

これじゃあ、認識しなくてあたりまえ ・・・

ハーツ オブ アイアンⅢが起動すると、ドライブ本体「ドライブD:」を読みにいくが、そこにあるはずのハーツ オブ アイアンⅢのゲームディスクがない。なぜなら、ハーツ オブ アイアンⅢのゲームディスクは「ドライブW:」に割り当てられているから。

では、なぜ、こんな怪奇現象が起こるのだろう?

Windows側のドライブがPalarrelsによって仮想化されているから。

そこで、ドライブの設定を調べてみた。Palarrelsのアイコンを2本指でタップし、プルダウンメニューから「構成」を選択し、構成ウィンドウを開く。「接続済み」にチェックが入っていないので、チェックを入れてWindowsを再起動する。

エクスプローラで確認すると、
「ドライブD:=ハーツ オブ アイアンⅢのゲームディスク」
これで、OK。メデタシ、メデタシ ・・・

さっそく、ゲームを実行すると、40秒で起動!今使っているXPマシンは3分20秒なので、5倍も速い。HDDとSSDの速度差がそのまま出た形だ。

その後、プレイしてみると、XPマシンよりキビキビしている。ここは、CPUとGPUの能力差だろう。そもそも、XPマシンのCPUは「Intel Core 2」。8年前のCPUなので、差がついて当然だ。

■MacがIBM PCを超える日

今回、MacBook AirでWindowsが動くことがわかった。しかも、速度はネイティブ(IBM PC互換機)なみ。さらに、Windowsゲームも動くので、大半のWindowsアプリは動くだろう。

つまり ・・・

MacBook Airは、立派なWindowsマシンなのだ。

費用面でも、IBM PC互換機とくらべ、余分な出費は、
「Palarrels + Windows8.1 = 2万円弱」
とリーズナブル。

これで、MacとWindowsが両方使えるわけだ。しかも、トラックパッドを「ひとこすり」で、MacとWindowsが瞬時に切り替わる。まるで、アラジンの魔法のランプで、究極のコストパーフォーマンスと言っていいだろう。

自動車で、燃費とコストパーフォーマンスなら、プリウスカムリ、同様に、パソコンで、品質とコストパーフォーマンスなら、Macの一択。ところが、世の中はそうなってはいない。これは本当に不思議だ。現代の七不思議に見えるのだが、行き着くところ、人間は多種多様ということだろう。

というわけで、今は、
・Windows→Word、Excel、Dreamweaver、Thunderbird
・Mac→Safari、スケジュール、BEITEL

と使い分けている。

そして ・・・

金にせこいマイクロソフトにムカつきながら、互換を無視するAppleにおびえながら、不安なパソコンライフを送っている。

ただし、ひとつ確信していることがある。

10年~20年後に、Windowsが消えてなくなること。

Windowsが今あるのは、Officeをはじめ、過去のアプリのおかげ。ところが、いずれ、アプリはOSに依存しないブラザーアプリ&クラウドに移行するだろう。そのとき、Windowsのアドバンテージは消滅する。

そして、ここが重要なのだが ・・・

Windowsは、ライバルのUnixにくらべ、拡張性に欠き、脆弱で、安定性に欠く。心臓のカーネルと、手足の入出力機能をいっしょくたにしたから。つまり、基本的構造によっているわけで、OSの資質の問題。

そして、もっと重要なのは ・・・ 誰が作ったか?

Windowsはオタク会社、Unixはノーベル賞受賞者を13人も排出した電子工学のメッカ「ベル研究所」。だから、どんなにいじくりまわしても、WindowsはUnixにはかなわない ・・・ と古株のプログラマは思っている。

そして、MacのOSはUnixがベースなのである。

そういえば、最近、知り合いのWindowsプログラマたちが、これ見よがしに、MacBook Airを持ち歩いている。理由を聞くと、将来に備え、Unixに慣れておきたいのだという。Macで直接Unixが触れるわけではないのにね。

というわけで ・・・

近い将来、Macが逆転する日が来るかもしれない。

《完》

by R.B

関連情報