ガイアチャンネル ロゴ
ベネディクト・ロゴ
 

 スモールトーク雑記


■フリンジ(海外ドラマ)・あらすじ 2010.7.4

 「フリンジ・FRINGE」は、
海外SFドラマで、
一部マニアに根強い人気がある。

 アメリカでは、
ファーストシーズンが終了し、
セカンドシーズンの制作も決まっている。
昨今のSFドラマは、
ファーストシーズンでボツ、
がふつうなので、
健闘した部類だろう。

 一方、
日本では「フリンジ」はこれから。
CSチャンネル「Super! drama TV」の放映も決まっている。
ただ、
フリンジ・DVDボックス」と「フリンジ・Blu-rayボックス」は、
すでに販売されている。
もちろん、レンタルもOK。

 「フリンジ」は、
ネタ的にはB級SFだが、
カネ的には超弩級で、
チープさはみじんも感じられない。
上品な映像、気の利いたセリフ、
役者の演技もなかなかいい。

 ストーリーは、
科学では説明不可能な奇怪な事件を、
政府の特別チームが解決していく ・・・
なーんか、どこかで聞いたような話。
そう、1990年代にブレイクした「Xファイル」だ。

 まず、
常識を超える怪事件を解決するには、
非常識な人間が必要だ。
たとえば、
「Xファイル」 → FBI捜査官のフォックス・モルダー
「フリンジ」  → マッドサイエンティストのウォルター・ビショップ
この2人の共通点は、
常識にとらわれない発想と妄想癖。
ために、
すったもんだはあるものの、
最終的には問題解決にこぎつける。

 さらに、
こんなイッてる天才には、
たづなを引きしめるパートナーも必要だ。
たとえば、
「Xファイル」 → FBI捜査官のダナ・スカーリー
「フリンジ」  → ウォルター・ビショップの息子ピーター・ビショップ
この2人の共通点は、
冷静さと聡明さ。
Xファイルのスカーリー捜査官は、医師免許を持つ秀才、
そして、フリンジのビショップは、IQ190の天才。

 また、
政府内の抵抗勢力から、
チームを守ってくれる上司も欠かせない。
たとえば、
「Xファイル」 → FBI副長官のスキナー
「フリンジ」  → 国土安全保障省のブロイルズ
どっちも、仏頂面だが、
ほんとは信頼できる上司、
という設定。

 というわけで、
登場人物は名前と顔が違うだけで、
役回りは同じ。
つまり、
人物が類型化されている。

 ところが、
登場人物の類型化は歴史が古い。
たとえば、
17世紀フランスの「コメディア デラルテ」。
直訳すると「職業俳優による喜劇」で、
町角で演じられるドタバタ劇だった。
それが、徐々に洗練され、
現代の演劇にまで発展したのである。

 コメディア デラルテの一番の特徴は、
登場人物が類型化されていること。
なので、
ストーリーは違っても、
顔ぶれはいつも同じ。

 たとえば、
「恋人たち」は劇の中心的な役回り。
「アルレッキーノ」は召使いで、
ピエロのように笑いをとり、
「恋人たち」の恋が成就するように振る舞う。

 一方、
「パンタローネ」は裕福で意地悪な老人で、
恋人たちの邪魔をする。
「カピターノ」はほら吹きで傲慢な司令官、
という具合。

 これだけキャラがとんがっているなら、
役回りも説明不要で、
筋書きもおよそ検討はつく。
それはそれで、
観ている方も、安心だし、
まぁ、「吉本新喜劇」のようなもの。

 では、フリンジは?

 まずは、
主人公のオリビア・ダナム(アナ・トーヴ)。
ちょっとやぼったいけど、
表情の変化が魅力的な女性捜査官。
数字に対し、異常な記憶力を示し、
神経衰弱で負けたことがない。
非凡な問題解決能力を買われ、
国土安全保障省のブロイルズにスカウトされた。
今は、
国土安全保障省「フリンジ」チームのチーフ。

 次に、
民間人の協力者ウォルター・ビショップ(ジョン・ノーブル)。
「フリンジ サイエンス(fringe science)=境界科学」
の第一人者で、IQ196。
かつて、政府機関で働いていたが、
トラブルがあり、
精神病棟に17年間、閉じこめられていた。

 そんな不遇のウォルターに、
救いの手をさしのべたのが、
主人公のダナム捜査官だ。
捜査に協力することを条件に、
精神病院から解放されたのである。

 ところが、
薬物治療の後遺症で、
まともじゃない。
完全にイッてるし、
ふつうに気持ち悪いけど、
どこかコミカル。
まぁ、
善良なマッドサイエンティストというところ。

 そんな彼の十八番が、
「フリンジ サイエンス」だ。
「フリンジ・FRINGE」は「外べり」という意味なので、
「科学と魔法の境界」というところ。、
言ってしまえば、
「なんちゃって科学」。

 ネタ元は、たぶん、
物理学者リサ・ランドールの「余剰次元」理論だろう。
日本でも、
リサ・ランドールの著「ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く」
で紹介された。
「数式を一切使わず分かりやすく解説」とあるが、
とんでもない。
これを読んで、
フンフンなんて言っている連中は、
嘘つきか、勘違いしているだけだろう。

 とはいえ、
せっかくなので、
ランドール理論を簡単にまとめると ・・・

「この宇宙には複数の世界が存在する」

 ちょっと補足が必要だ。

「この世界を1つのプレーン(薄い膜)とすると、
複数のプレーンが重なりあっている(複数の世界が存在する)。
それぞれのプレーンは互いに干渉しないが、
重力だけはプレーン間を通り抜けできる」

 おー、SFネタの「多元宇宙論」!
しかも、
他の世界への移動手段まで明らかに ・・・
人間をグラビトン(重力を伝える素粒子)に変換すれば、
重力にのせて、
他の宇宙へ”転送”できるわけだ。
でも、
どうやって、向こう側で復元するのだろう?

 話はもどって、フリンジ。
ドラマの後半で明らかになるのだが、
「フリンジ」のメインテーマもココにある。
古ネタなのだが、
筋書きにひねりがあって、
けっこうドキドキする。

 事件を解決するのは、
たいてい、イッてるウォルター爺なのだが、
彼をフォローするのが、
息子のピーター・ビショップ(ジョシュア・ジャクソン)だ。
才能だけで暮らしているテキトー男で、
仕事も転々。
ところが、頭は父親譲りで、
IQ190。
父ウォルターを、
皮肉でイビリ倒すが、
けっこうイイ人。

 ウォルターは、
事件に熱中すると、
ハーバート大学の地下にあるプライベート ラボに閉じこもるが、
そこに、かわいい助手がいる。
魅力的な黒人女性で、
ハイテクにも精通するFBI捜査官だ。
顔のつくりも、表情も、セリフも、
すべてがピュア。
これまでにないキャラだ。
(僕が知るフリンジファンの中では一番人気)
ところが、
ボスのウォルターに
なかなか、名前を覚えてもらえない。
「アストリッド・ファーンズワース(ジャシカ・ニコル)」
・・・
確かに覚えられそうもない。

 一方、
主人公のダナム捜査官をサポートするのが、
FBIのチャーリー・フランシス(カーク・アセヴェド)だ。
”善良”が歩いているような人物で、
彼女の良き理解者。
FBI捜査官を束ねるチーフで、
公私を超えて、ダナム捜査官を支援する。

 そして、
フリンジチームのボスが、
国土安全保障省のフィリップ・ブロイルズ(ランス・レディック)。
背が高く、精悍な黒人捜査官だ。
ダナム捜査官には厳しくあたるが、
じつは、
彼女のために命を張っている。

 一方、フリンジチームを妨害する人物もいる。
フリンジチームの視察役サンフォード・ハリス(マイケル・ガストン)だ。
かつて、性的暴行容疑で、
ダナム捜査官に逮捕されたことを根に持ち、
嫌がらせをする。
「コメディア デラルテ」なら、
意地悪な老人「パンタローネ」
ホラ吹き司令官「カピターノ」というところ。
憎たらしい役柄だが、
ファーストシーズン最終回には、
地獄が待っている。

 フリンジチームが追う奇怪な事件は、
「パターン」と呼ばれている。
その鍵を握るのが、
巨大企業「マッシブ・ダイナミック社」だ。
フリンジなテクノロジーを開発する企業で、
すべてが謎に包まれている。

 このマッシブ・ダイナミック社の女性重役が、
ニーナ・シャープ(ブレア・ブラウン)だ。
年齢不詳の強面のおばさんで、
片腕がハイテク義手、
心臓は特殊合金、
とハイテクパーツで身をかためている。
国土安全保障省のブロイルズとは旧知の仲で、
ダナム捜査官にもすすんで協力するが、
何を考えているかわからない。
だが、何かを知っている。

 そして、パターン事件現場に、
決まって現れる黒づくめの監視人。
スキンヘッドで眉毛ナシの異形の風貌。
味覚が鈍感で、
大量の胡椒とタバスコがないと、
サンドイッチも食べられない。

 さて、役者はそろった。
フリンジは、
こんな個性的なキャラにささえられ、
物語はすすんでいく。
確かに面白いし、
ひきこまれる部分もある。
ところが、
登場人物の設定はありきたりで、
新鮮みはない(アストリッドは別)。
さらに、
「24・TWENTY FOUR」のようなハラハラドキドキはないし、
「LOST」のように人生や運命を深く考えさせられることもない。

  しかも ・・・

 ネタはSFオタクなら、
どこかで観たもの、
あるいは、
想像のつくものばかり。
科学的説明も、
Xファイルの域を超えておらず、
突っ込みは甘い。
なので、
「超ハイテク=魔法」
的ゾクゾク感もナシ。

 とはいえ、
それでも、フリンジは面白い!
無数の布石を張り巡らし、
視聴者の想像力をかきたてる。
J・J・エイブラムスお得意の手だ。
ただ、この方法は、
度を超すと失敗する。
からみが複雑になり、
つじつまが合わなくなり、
収束不能におちいり、
最後は「とんずら」。

 その良い例が、
浦沢直樹の「20世紀少年」だろう。
初めから伏線を張りまくり、
想像力をかきたてて、
煽るだけ煽って、
最後は ・・・
あんな結末はないと思うのだが。

 そして、フリンジも、
ファーストシーズンで、
収束不能の臨界点にある。
もし、
セカンドシーズンで、
ロジックが破綻すれば、
サードシーズンはムリ。

 あーだ、こーだ、
いろいろ言ったけど、
フリンジは、
成功したドラマであることは間違いない。

 だから ・・・

 ネタや手法が古くても、
カネをかけて、丁寧に作れば、
それなりのものができるということ。
やっぱり、
コンテンツはカネかなぁ。


by R.B


後へ目次


ベネディクト/地球歴史館 トップ